JA青年部がシードル発売

南信州経済

[ 2018年 7月 3日 火曜日 15時22分 ]

完成したシードルで乾杯

 JAみなみ信州の青年部果樹班に所属する若手有志5人が、自分たちで栽培したリンゴで醸造するシードルを商品化し、2日に発売した。大半のリンゴを栽培した飯田市「座光寺」と、居心地の良さを意味する英単語「COZY」をかけ、「THE COZY(ザ・コージー)」と名付けた。初年度は350本の限定で、リニア時代の地域資源化を目指し、今後も改良や増産を図るという。

 農業所得を上げるため、収穫がない時期にも安定して収益を得られる商品を―と2016年から検討してきた。

 国内でも人気が高まるシードルに着目し、「リニア時代を見据え、南信州産リンゴを使ったシードルで新たな農業振興資源、観光材料づくりを目指す」として取り組んだ。

 昨年度の試作が一定の評価を得られたことから、初の商品化を決定。「多品種を使った方が深みが出る」との学びから、主力のふじを軸に、シナノゴールド、シナノスイート、紅玉の計391キロを原料に、伊那市の醸造所に製造を委託した。

 完成したのは750ミリリットル入りの364本。辛口で深みのある味わいという。

 ラベルは「いいだ人形劇フェスタ」にちなみ、舞台の緞帳(どんちょう)をイメージした黒字。幕の後ろ側でリンゴを落とすほど慌しく開園準備をする女の子に、リニア時代を迎えようとする飯伊の姿を重ねた。

 農協本所で開いた発表会でリーダーの福田博之さん(41)=座光寺=は「今後さらに意見を取り入れて工夫を重ね、売場も増やしながら販売実績を積んでいきたい」と強調。当面の増産目標として、約1000本を掲げた。

 同席した同JAの田内市人組合長は「若い人たちの熱意に価値がある。9年後のリニア時代に資源の一つになってくれれば」と期待を寄せた。

 1本1890円(税込み)で座光寺の高岡亭酒店(0265・22・5777)で販売している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【阿智村】村の魅力再認識、阿智☆昼神観光局が村内一斉ライトダウンイベント開く

11月29日火曜日15:02

【飯田市】日本一の焼肉のまちの発信拠点「信州飯田焼肉研究所」がオープン

11月29日火曜日15:48

【飯田市】南信州アルプスフォーラムが勉強会 リニア長野県駅開業に向け、明大・佐々木教授が助言

11月28日月曜日16:44

【飯田市】「お祭り気分を子どもたちに」南信州屋台フェス開催、ダンスや音楽のパフォーマンスも

11月28日月曜日15:38

【天龍村】天龍村坂部地区で伝統の柚餅子加工始まる「伝統食を残そう」NPOが継承

11月26日土曜日13:24

【飯田市】千代小学校生徒が地区内の窯で炭焼き体験 地域住民も協力する恒例の行事

11月26日土曜日13:08

【飯田市】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

11月25日金曜日16:28

【天龍村】米ミドルベリー大の留学生がユズ収穫体験 柚餅子通じて日本の農村文化学ぶ

11月25日金曜日16:28

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州で市田柿の出荷始まる「糖度高く、品質上々」

11月24日木曜日15:17

【下條村】伝承300年の節目祝う熱演におひねり 下條歌舞伎の定期公演が3年ぶりに通常開催

11月24日木曜日15:00

【飯田市】佐藤健市長が市議会定例会本会議で市長就任2年経過に言及「将来に向けた下ごしらえはできた」

11月22日火曜日16:34

【飯田市】伊賀良まちづくり協議会が沢城湖の整備検討へウオーキング開催 住民ワークショップの初回として現地散策

11月22日火曜日16:12

【飯田市】飯田下伊那を拠点に活動するアーティストでつくる「おぶすなアートプロジェクト」が合同公演

11月21日月曜日15:57

【飯田市】かざこし子どもの森公園で子育て応援フェス「IKU×IKU2022」子どもの成長と子育て応援

11月21日月曜日15:17

グリムスパンキー ニュース 2022.11.20.

11月19日土曜日18:34




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞