中国瀋陽市一行が牧野市長らと懇談

南信州経済

[ 2011年 11月 29日 火曜日 16時05分 ]

 6月に飯田国際交流推進協会、9月に飯伊の経済視察団が相次いで訪問した中国瀋陽市から27日、同市人民政府の田家(でんじゃ)副秘書長を団長とする訪日団の一行6人が来飯。同日、飯伊地域地場産業振興センターで開かれた同推進協会主催「第22回飯田国際交流の夕べ」に参加するとともに、牧野光朗飯田市長や産業界の代表らと懇談し、経済を中心とした結びつきを強めていくことで一致した。

 同推進協会の会長で経済視察団の団長を務めた南信州経済同友会の横田盛廣会長は「アジアに開かれた小さな世界都市を目指そうと2回にわたり瀋陽市を訪問した。交流に理解と思いやりのある地域で我々が予想した以上の歓迎を受けた。その際、国際交流の夕べに来賓として招待したところ、さっそく快く応じてくれた」と説明。

 「瀋陽市は人口810万人。大きな世界都市を目指しているが、小さな世界都市も世界都市を目指していることに変わりない。大事なことは、人と人とのつながりであることを確認した。瀋陽市は自動車や飛行機、農産物などの生産が盛んで、特に飯田から持っていった日本酒を大変喜んでくれた。心の通えるものを感じたので付き合ってもいいと思った。団長の田家さんは市長の代理として敬意を払って訪問してくれた。これで我々も行きやすくなった。牧野市長もぜひ表敬訪問してほしい。地場産業センターを中心に『飯田瀋陽クラブ』をつくり、それを基にして交流していきたい」と語った。

 牧野市長との懇談で、田家団長は「温かい歓迎を受け、友好と熱意を身をもって感じている。飯田市の美しい自然環境、調和した社会を印象づけられた。今回、私は陳海波市長の代理として、飯田市を訪問させていただくことで、瀋陽市の誠意をお伝えし、両市が発展することを願う。牧野市長の来訪を要請したい」とあいさつ。

 牧野市長は「当地域は地場産業センターが中心となって、環境産業クラスターと航空宇宙産業クラスターを柱に取り組んでいる。国からは環境モデル都市に選定され、街路灯のLED化などで実績がある。リニア中央新幹線が開通すると飯田に中間駅ができ、もっと世界に近くなる。これから世界に開かれた都市になる」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞