第一工場にお別れを

南信州経済

[ 2021年 5月 25日 火曜日 15時02分 ]

 豊丘村神稲の天恵製菓(片桐義宣社長)はこのほど、5月に解体する第一工場を「しのぶ会」を開いた。60~80代のOB会員30人が集まり、工場とともに歩んだ半世紀を振り返った。

 第一工場は前身会社「田島屋菓子舗」の倒産を乗り越え、天恵製菓として再出発してから4年後の1970(昭和45)年、県道竜東線沿いの1300平方メートルに建設。当時としては画期的な工法を採用し、主にどら焼きと最中を製造した。

 その後、数回の増設を重ねながらマシュマロ、せんべい、クッキーと製造品目が増加。同社発展の原動力となり、主力工場として生産を続けてきたが、老朽化のため役目を終えることになった。

 しのぶ会は、会社の礎だった第一工場の解体を前に「汗と涙の50年」(片桐裕会長)を振り返るとともに、第一工場とともに懸命に働いた元社員に感謝しようと企画。親子2代にわたって各工場を設計した建築士も招いた。

 当日は会長、社長のあいさつに続いてアルバムに目を落としながら、苦楽をともにした仲間と懐かしい日々を振り返った。

 片桐会長は田島屋創業者で父の故忠一さんをはじめ、OBや物故者への感謝の思いを伝えるとともに、2023年に迎える創業100年の節目を見据え「第六工場の構想のもと、半生菓子業界のトップ企業として発展を続け、幸せの創造企業・夢限りなく持続可能企業を目指していく」とあいさつした。

◎写真説明:建設当時の第一工場

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08

【阿智村】村長らが高齢者の祝賀訪問

9月14日火曜日15:32

【売木村】飯伊に「スポーツの秋」

9月11日土曜日13:45








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞