JAみなみ信州で市田柿の出荷始まる

南信州経済

[ 2009年 12月 4日 金曜日 8時16分 ]

 JAみなみ信州(矢沢輝海組合長)の干し柿出荷施設「柿の里」(高森町)で3日、南信州特産の市田柿の出荷がはじまった。農家が干した市田柿を一元集荷し、市場のニーズに合わせた多様なパッケージを作成。出荷のピークは今月下旬で、1月末まで稼動する。

 2003年産分を対象に初稼動した柿の里は、生産者から干し柿を集荷し、選別、出荷する施設。販売店などの要望に応じて封入する個数や等級を変えるなど、30種類に及ぶパッケージを用意し、販売領域の拡大を図っている。

 ことしは昨年と同じ3日に稼動し、今シーズンの集荷をスタートさせた。

 施設内では100人が選果とパッケージの2部門に分かれて作業。選果部門では、果実の大きさや粉のふき具合、色合いやしわなどの品質を確かめながら複数の等階級に選別。各地の農家から持ち込まれた800キロを次々とパック詰めした。

 JAみなみ信州は、4月末の凍霜害と一部地域で発生した落葉病などにより、前年比12%減、1311トンの販売を見込む。柿の里はこのうち25%に当たる330トンを取り扱う予定だ。

 激化する年末商戦で有利に販売を進めるため、量販店別のニーズに合わせた多様なパッケージを準備できる態勢を整えている。

 細田英治場長は「この不況下で果樹、野菜の価格が低迷し、台風などの被害も発生し、農家は苦しんでいる。市田柿を最後の砦(とりで)だと位置付け、少しでも農家の手取りが増えるよう、有利販売をしたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】ドローン先進地区目指す座光寺自治会、会員が講習受け申請へ 近く2期生も開始

10月5日水曜日16:19

【飯田市】遠山郷のシカ肉で「登山メシ」 来春からの販売に向けプロジェクト進行中

10月5日水曜日15:59

【飯田市】グルメとサブカルチャーの祭典「飯田丘のまちフェスティバル」飯田市の中心市街地で3年ぶりに通常開催へ

10月4日火曜日15:41

【飯田市】追手町小学校創立150周年記念事業で校舎を昼夜開放へ 人形劇やナイトツアーなど多彩な企画も

10月4日火曜日15:37

【大鹿村】大鹿中学校の全校生徒による歌舞伎公演 豊かな表現で観客引き込む

10月3日月曜日15:52

【浜松市】阿南町の和合の念仏踊り保存会が「三遠南信念仏踊り・遠州大念仏競演(仮)」の収録に参加 浜松市の舞台で「庭入り」披露

10月3日月曜日15:53

【飯田市・下伊那】三遠南信道飯喬道路3工区で初のトンネル完成式 早期開通へ思い新たに

10月1日土曜日14:11

【飯田市・下伊那】「身近な相談先知って」オレンジリボンが児童虐待防止啓発でティッシュ配布

10月1日土曜日14:56

【飯田市】公共施設のネット予約システム10月3日から稼働 PC、スマホに対応

9月30日金曜日16:42

【東京都】ニッチローさん監修の焼き肉店が下北沢にオープン

9月30日金曜日16:45

【飯田市】大規模断水の静岡市清水区へ職員と給水車を派遣 副市長と職員が拍手で送り出す

9月29日木曜日15:06

【阿智村】「豊かな自然生かしたい」浪合に移住した母親たちが子育て広場を始める

9月29日木曜日15:48

【リニア中央新幹線】JR東海が「対策土」活用に向け試験施工の方針示す 大鹿村の仮置場で年末にも

9月28日水曜日15:17

【飯田市】久保田さんが古民家活用し書店オープン「本を読む楽しさ感じられる場所に」

9月28日水曜日15:16

【飯田市・下伊那】伊那谷民俗芸能団体連絡協議会が総会 地域文化の継承へ意気を高める

9月27日火曜日15:03




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞