ヤマサちくわが南信州企業とコラボへ

南信州経済

[ 2021年 3月 19日 金曜日 15時15分 ]

 豊橋市のヤマサちくわ(佐藤元英社長)は、商品開発や相互販売、イベントなどで連携できる南信州地域の企業を募集している。民間主導で東三河と南信州の交流を盛んにして、新経済圏の形成につなげたい考えで「強みと強みを組み合わせ、より強固にできるパートナーを探したい」としてる。

 同社は企業間コラボレーションの実績が豊富で、最近ではNHKの朝ドラで縁が生まれた福島県の地場産品、特産品を使った新しい切り口の練り物を次々に開発。人気商品の相互販売、物産展も行うなどして、両地域にとってメリットのある展開を目指している。

 今年は「界を超える」を目標に掲げ、越境戦略に拍車を掛ける方針で、塩の道の時代からつながりがある飯田の企業とのコラボは重要プロジェクトという位置付け。21世紀の塩の道・三遠南信道の全通に先駆け「得意分野の対等なコラボを通じて、相互発展を目指したい」(佐藤社長)と話している。

 募集するのは、南信州地域で愛されている食品、メニュー、調味料、農水産物を扱う企業や飲食店。容器やパッケージなどのエントリーも可能。南信州新聞社が窓口となって仲介する。

 このほど本社を訪れた営業推進室プロジェクトマネージャーの神谷治男さんは「コラボにより文化、経済、人、モノの交流を派生させ、新経済圏の構築に貢献したい」と話した。

 エントリーは南信州新聞社「三遠南信コラボ研究所」係(Eメールecon@minamishinshu.co.jp、FAX23・7072)へ 。商品名、原材料、製法、商品の特徴、東三河との縁などストーリーづくりにつながる要素(あれば)を明記する。郵送でも受け付ける。

◎写真説明:これまでのコラボ商品を紹介する幹部社員

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04

【阿智村】治部坂高原でキバナコスモスが見頃 100万本の花がゲレンデをオレンジ色に彩る

8月9日火曜日15:21

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞