「おいしいメンマいかが」

学校・教育

[ 2020年 10月 27日 火曜日 15時21分 ]

 天竜川沿いの景観整備に取り組む「鵞流峡(がりゅうきょう)復活プロジェクト」に参加している飯田市竜丘小学校の6年生46人が26日、同市桐林のAコープあいぱんいいだ店で「天竜いなちく」の販売を始めた。鵞流峡で伐採した若竹から作られたメンマで、29日まで。

 6年生と同プロジェクトのメンバーは5月に「伸び過ぎたタケノコ」を収穫。同市鼎下山の谷口醸造に委託してメンマに加工した。

 昨年に続き商品のラベルを児童がデザインし、投票で商品に使う2作品を選んだ。また、今年は初めて、活動を紹介するホームページを制作。販売に向けて係を決め、準備を進めてきた。

 26日には児童たちが、同店入り口付近に売り場を2カ所設置。販売開始前から長蛇の列ができ、約30分で200個が売り切れた。児童たちはPOPを掲げながら「メンマ販売中です」と大きな声で呼び込み、購入客に「ありがとうございます」と言って手作りの領収書と商品を手渡していた。

 店長を務めた児童(12)は「竹の伐採から皆で思いを込めて作ってきたメンマなので、完売してとてもうれしい」と喜び、作品が商品ラベルに選ばれた児童(11)は「制作に何日もかけ、竹や龍神を描いて鵞流峡をPRした。活動で鵞流峡を知り、環境保全に貢献できて良かった」と話した。

 6年生は29日まで、同店で毎日午後3時半からメンマを200個ずつ販売する。11月9日午前10時からは、飯田市役所の市民サロンでも販売する予定だ。

◎写真説明:メンマを手渡す竜丘小6年生

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【阿智村】村内企業や事業主支援へ 1億円超の新型コロナウイルス緊急経済対策事業

9月25日土曜日14:47

【飯田市】飯田西中1年生が猿庫の泉で野点茶会を体験「抹茶は苦かったけれどすがすがしい気分」

9月25日土曜日13:42

【飯田市・下伊那】マツタケの入荷順調、森林組合北部支所直売所は買い物客でにぎわう

9月24日金曜日17:40

【豊橋市・飯田市】ヤマサちくわがねぎだれに合う練り物を商品化「飯田おでんの具にも」

9月24日金曜日17:08

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞