よこね田んぼで3校の児童らが稲刈り

学校・教育

[ 2019年 9月 14日 土曜日 13時16分 ]

 飯田市千代の棚田百選「よこね田んぼ」で13日午後、千代小、千栄小、竜東中の3校の子どもたちが合同で3枚(約207平米)の田んぼの稲刈りに取り組んだ。よこね田んぼ保全委員会やNPO法人里山べーすなど、地域住民を含め約130人が協力し、秋の実りの収穫に汗を流した。

 よこね田んぼは約3ヘクタール、110枚の水田が広がる棚田で、昔ながらの棚田を後世に残そうと1998年に地元住民が保全委員会を発足。1999年には農林水産大臣が「日本の棚田百選」の一つに認定した。

 保全委員会らの指導の下、子どもたちは3校混成の8班に分かれて作業をスタート。金色に実ったもち米の稲を鎌で刈り取り、8本1束を目安にまとめてはざかけまで熱心に取り組んだ。

 千代小5年の男子児童(10)は「鎌で稲を刈るのは一発じゃできない。中腰での作業は大変だけれど、楽しかった」と笑顔で話した。

 この日の午前中は、千代保育園の園児らも稲刈りに挑戦。5月に自分たちで植えた田んぼで手際よく作業を進めた。

 よこね田んぼでは、一般参加の稲刈り体験と収穫祭を10月5日に開催する。稲刈り体験で交流を深め、千代公民館駐車場会場で収穫祭を楽しむ。豚汁や千代福豚のモツ焼き、五平餅や千代ネギ、よこね田んぼ米で作ったおはぎなどを振る舞う。

 23日まで展示と投票を受け付けている第20回記念「案山子(かかし)コンテスト」の表彰式と投票者大抽選会、よこね米でできた日本酒「Y―704」の即売や予約受け付けも収穫祭で行う予定。

◎写真説明:はざかけにも挑戦した子どもたち

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】「丘の上結いスクエア」がグランドオープン 朝から多くの買い物客でにぎわう

5月19日木曜日15:23

【飯田市】ツアー・オブ・ジャパン信州飯田ステージ開く 優勝は「チーム右京」ネイサン・アール

5月19日木曜日15:21

【飯田市】「姫路お城まつり」に向け本町三丁目大名行列保存会が市長表敬

5月18日水曜日16:18

【飯田市・下伊那】南信州広域連合がご当地ナンバーの研究へ 導入に前向きな意見も

5月18日水曜日16:54

【飯田市・下伊那】南信州広域連合と県議 信大新学部誘致へ連携姿勢を強調する

5月17日火曜日15:45

【飯田市】駅前新拠点完成「丘の上結いスクエア」の竣工式開く オープンは19日

5月17日火曜日15:35

【天龍村】天龍小学校で児童が茶摘みと手もみ体験 上手に摘めたと笑顔の場面も

5月16日月曜日15:57

【浜松市】三遠南信道・水窪佐久間道路の中心くい打ち式 最後の未着工区間で事業本格化

5月16日月曜日15:34

【高森町】ウクライナ避難民9人が町営住宅に「引っ越し」 新しい生活の第一歩踏み出す

5月14日土曜日13:17

【飯田市】飯田マツブツがエス・バードにレンタルキッチンスタジオをオープン

5月14日土曜日13:59

【飯田市】下伊那農業高校でVR体験 仮想現実で農業機械の安全利用について学ぶ

5月13日金曜日16:00

【飯田市・下伊那】南信州広域連合が飯田下伊那地域への信州大学新学部設置のメリットについて提案

5月13日金曜日16:03

【売木村】阿南病院が医師不在の診療所を支援 オンライン診療導入へ

5月12日木曜日15:54

【天龍村】天龍中生徒が「商品」意識した梅の収穫作業 梅花駅伝での販売を目指す

5月12日木曜日15:25

【阿南町】阿南町長選で3選を果たした勝野一成町長が初登庁「1次産業の活性化や医療福祉の充実を中心に考える」

5月11日水曜日15:39




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞