下條村中学生がグアムで研修

学校・教育

[ 2011年 4月 1日 金曜日 15時27分 ]

 下條村の中学生による海外研修がこのほど、米グアム島で行われた。同村内の中学1年生27人が参加し、現地の中学生との交流やホームステイ、企業の職場研修などを通して語学や国際理解を学んだ。

 同校はこれまで毎年中学2年の夏休みを利用して海外研修を行ってきたが、学習指導要領の変更により夏休みに十分な時間がとれなくなったため、ことしから中学1年生を対象に春休みに実施することに変更。研修費用の半額を村で補助している。

 ことしは44人が申し込んだが、震災の影響で17人がキャンセルした。3泊4日の日程で行われた研修では、初日にホストファミリーの家庭にホームステイ。2日には現地のベネベンテミドルスクールを訪問。お土産に日本の漫画15冊を届けるとグアムの子どもたちが大喜びだった。

 現地の中学生と一緒に英語で各授業を体験。交流では地元の生徒から伝統の踊りチェキロを教えてもらい、運動会ではバトン代わりにココナッツを手渡すリレーで交流した。

 3日目は観光や企業での職場体験。最後にホストファミリーや現地の中学生とのさよならパーティーを開催。下條からの生徒たちが「よさこいソーラン」を披露。2回目は現地の中学生も一緒に踊り、国を越えて友情を育んでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞