働く人の姿から学ぶ

学校・教育

[ 2021年 5月 27日 木曜日 15時45分 ]

 ふるさとの産業や文化に出会い、地域の人たちの多種多様なキャリアを学ぶ「しごと・未来フェアIN高森2021」が27日、高森町の町民体育館で開かれた。高森中学校の2年生174人が参加。企業のブースを巡って各企業の事業や製品についての説明を聞き、進路決定の参考にした。

 下伊那で働く人たちの姿から、自分の将来を考えよう―をテーマに昨年初めて開催した同フェア。3回目となる今回は昨年10月の2回目から8社増え、飯田下伊那の企業を中心に26社が出展した。

 体育館内には製造業や建設業、医療機関や行政など多種多様なブースが並んだ。映像や自社の製品を交えて業務内容を紹介するだけでなく、液体窒素を使った実験やウィッグを使って髪を切る体験を提供するブースもあり、生徒たちは興味のある分野を選びながら1日で8カ所を巡った。

 このうち町役場のブースでは、若手職員が自身の経験を交えながら仕事内容を紹介した。主に▽国や県の事務の代行▽税金を集める▽暮らしやすい環境の整備▽将来の高森町をつくる―の4つに分けられるとし、何故必要なのかを説明。「住民の皆さんのため、よりよいサービスを提供することを日々考えている」と強調した。話を聞いた女子生徒(13)は「将来どうしたいかは決まっていないが、一番地域に関わる仕事なので興味があった。やっぱり真面目な人が多いんだなと感じた」と話した。

 前回に続き出展した協和精工(同町山吹)の橋場浩之社長は「地元の企業でも子どもたちには存在を知られていない。まずは地域にこんな企業があり、こんな製品を作っているんだということを知ってもらいたい」と話し、「いずれは地元で勤めてみたいと思ってもらえるようになれば」と期待を寄せた。

 上澤浩校長は「フェアでは高校生や大学生の就職活動のような体験ができる」とし、「町や地域で働く人たちの姿を見て、自分の将来をリアルに考えてほしい」と話していた。

◎写真説明:ウィッグを使って髪を切る体験ができるブースも

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13

【飯田市】お練りまつり出演団体打ち合わせ会開く「感染警戒レベル4以下なら実施」

1月15日土曜日14:57

【喬木村】村長選が18日に告示へ 無投票の公算が高まる

1月15日土曜日14:47




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞