県シニア大学の卒業式といきいき実践塾の修了式

学校・教育

[ 2012年 2月 22日 水曜日 9時01分 ]

 本年度の県シニア大学飯伊学部の卒業式と県地域いきいき実践塾飯伊支部の修了式が21日、飯田市追手町の県飯田合同庁舎であり、卒業生112人と修了生11人に証書が授与された。生徒たちは今後も生きがいや健康づくりの輪を広げ、学びの成果を地域社会で発揮することを誓った。

 県老人大学時代を含め、第32期となる卒業生は61歳から84歳までの、平均年齢71・4歳の112人。2年間の計36回にわたり、歴史や文化などの多彩な教養講座、芸術などの技能講座で学んだほか、福祉施設でのボランティア活動やクラブ活動なども展開してきた。

 一方、単年度の同実践塾は前身を含め今回が4期目の修了式。本年度は塾生11人が実践形式の講義や福祉体験などを通じて、地域づくりのリーダー役を担う基本を養った。来年度は県の事業仕分けの結果を踏まえ、行わない。

 式典では、生徒一人一人の名前が読み上げられた後、各班の代表者たちが登壇。飯田保健福祉事務所の佐々木隆一郎所長から証書を受け取った。2年間の講座に無欠席の卒業生66人には皆勤賞も贈られた。

 式辞で佐々木所長は昨年の東日本大震災やサッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の活躍などに触れ、絆の大切さを強調。「シニア大や実践塾での経験を自身の健康や生活はもとより、地域の絆を維持するために生かしてほしい。培った仲間たちとの交流を発展させ、人生を生き生きと健やかに過ごされることを願う」と呼び掛けた。

 卒業生代表の女性(74)も謝辞の中で昨年の震災に言及し「絆の大切さを学び、生きがいを感じながら活動してきた」と2年間を述懐。「卒業後もグループ活動やボランティア活動を続け、少しでも地域の役に立てれば幸い」と決意を新たにしていた。

 修了生代表の男性(68)は「この1年は真新しいことばかり。会社人間だった者として貴重な体験だった」と感謝し「塾での縁を気概に、生涯現役、一生青春を胸に、つながりの輪を広げ、社会活動に参加していく」と意気込みを伝えた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が佐藤市長と懇談会 「働くことの安心社会の実現」に

12月8日水曜日15:12

【天龍村】天龍小学校で地域の高齢者を講師に伝統行事学ぶ 「おやす」や「しめ縄」餅つき大会も

12月8日水曜日15:11

【リニア】大鹿村の南アルプストンネル「小渋川―釜沢非常口」間の先進坑 JR東海が貫通を発表

12月7日火曜日15:13

【平谷村】ひまわりの森イルミネーションがお目見え 8万1000個が冬の平谷彩る

12月7日火曜日15:46

【下伊那】高森町でマイナンバーカードの出張申請窓口を設置「買い物ついでに申請を」

12月6日月曜日15:07

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」 始まる 熊野神社など8神社で15日まで

12月6日月曜日15:16

【飯田市】エス・バードで南信州環境メッセが開幕 ゼロカーボン社会実現を目指して

12月4日土曜日14:24

【阿智村】昼神温泉郷で湯屋守様を並べ湯立て神事 温泉利用者の無病息災願う

12月4日土曜日14:30

【豊丘村】自転車活用推進計画策定委が下平村長に答申

12月3日金曜日16:40

【高森町】全日本アームレスリング選手権優勝の宮嶋さんが町長を表敬訪問

12月3日金曜日16:45

【飯田市・お練りまつり】本町三丁目大名行列保存会が役者全体会議を開く

12月2日木曜日15:25

【飯田市・お練りまつり】東野大獅子保存会が獅子頭など3点をシルクホテルに展示 宿泊客に祭りをPR

12月2日木曜日15:37

【飯田市】上村小児童が湯立神楽「霜月祭り」に向け横笛を練習「一生懸命吹いて、練習の成果を出したい」

12月1日水曜日15:13

【飯田市】喜久水酒造が国際シードル品評会で県内で唯一の最高賞を受賞

12月1日水曜日15:57

【阿智村】満蒙開拓平和記念館が来館者20万人を達成 平和の尊さ未来へ伝える拠点に

11月30日火曜日15:33




新聞購読について

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞