阿智第一6年生が神社天井画に挑戦

学校・教育

[ 2019年 10月 2日 水曜日 15時47分 ]

 阿智村教育委員会は9月30日、阿智第一小学校で膠絵(にかわえ)ワークショップを開いた。同校6年生34人が安布知神社拝殿の天井画の模写と彩色に挑戦した。

 同校にほど近い安布知神社(同村駒場)は、368年に始まったとされる。1573年に領主小笠原信貴が近江国三井寺から新羅明神を勧請して社殿を造営した。2015年には本殿と拝殿の2棟が県宝に指定された。

 拝殿内の木材を格子状に組んだ天井には、中央に雲、周囲に虎や竜、鯉、富士登山、花などの絵や文様が144点描かれているが、近年は絵の具のはく離が進んでおり、同神社は7月から県・村の補助金を活用し伝統工法による修復事業を行った。

 ワークショップは、修復が完了したのを機に、村の文化財保護への理解と地域の宝である文化財に愛着をもってもらおうと村教委が企画。講師として天井画の修復に携わった天野山文化遺産研究所(大阪府)の山内章さん(61)を招いた。

 この日、児童たちは実際に天井画を見学した後、虎、龍、鯉、鳥の絵から1つを選んで下絵を決定。杉板にカーボン紙と鉛筆を使って転写し、墨でふち取った。

 続いて行った彩色には、天井画が描かれた江戸時代に使われた絵の具と同じ、虫や植物、土などから色素を抽出して作った顔料と牛の膠を混ぜたものを使用。山内さんの指導を受けて顔料と膠を練り合わせるところから体験し、元の絵に捉われずそれぞれ自由に着色した。

 3羽の鳥をそれぞれ赤や黄、藍色で彩色した女子児童(12)は「羽がきれいに見える色を選んだ。膠の絵の具は色が濃く出て乾きやすいなと感じた」。龍の絵をカラフルに塗った男子児童(11)は「実物は色が薄くて古風な感じがしたので、濃い色を使ってきれいにした」とそれぞれ話した。

 子どもたちを指導した山内さんは「今日の体験が子どもたちの記憶に残り、将来の文化財保護につながれば」と期待を寄せた。

◎写真説明:膠の絵の具を使って彩色した

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04

【阿智村】治部坂高原でキバナコスモスが見頃 100万本の花がゲレンデをオレンジ色に彩る

8月9日火曜日15:21

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞