高校の将来像を考える協議会

学校・教育

[ 2019年 6月 6日 木曜日 16時55分 ]

 県教育委員会が進める県立高校第2期再編で、飯田下伊那地域(旧第9通学区)の首長や教育関係者らでつくる「南信州地域の高校の将来像を考える協議会」が発足し、初会合が5日、飯田市役所で開かれた。定時制を単位制に移行するなど、多部制・単位制の機能を補完する仕組みを検討する方針。南信州広域連合が主体となって議論を進め、県教委に意見、提案する。

 県立高校の再編計画などを盛り込んだ「高校改革~夢に挑戦する学び~実施方針」を踏まえ、旧12通学区ごとに協議会を立ち上げて検討を進める。

 旧第9通学区は、高校再編に伴い飯田工業高校と飯田長姫高校の統合新校「飯田OIDE長姫高校」が2013年に開校している。現状は立地に応じて「都市部存立普通校」が飯田と飯田風越、「都市部存立専門校」が飯田OIDE長姫と下伊那農業、「中山間存立校」が松川、阿智、阿南の3校。旧第9通学区の中学校の卒業者数は33年には17年の68%まで減少する見通し。

 県教委の実施方針によると、現段階ではおおむね適正な規模を有するとするが、将来的には学校規模の縮小を想定。南信地区の多部制単位制高校として箕輪進修高校(箕輪町)が配置されているものの、地理的に通学が困難な状況にあるとして検討課題に挙げる。

 そのうえで再編計画の方向として、学校規模の縮小を見据えた地域全体の高校の将来像についての検討を進め、地域の合意形成を図っていく必要があると指摘。また、多部制・単位制の機能を補完する仕組みを検討することが考えられる―とする。

 同協議会は市町村長や教育長代表、産業界代表、学校代表ら16人で構成する。この日の会合では、高校改革の取り組みについて県教委側から説明を受け、現状と課題を共有した。中学校や高校の現場からは多部制・単位制の地域のニーズを指摘し、「進路の幅が広がる」といった声が上がった。

 多部制・単位制は、生徒が午前部、午後部、夜間部など希望する時間帯を選択して授業を受け、一定の単位数を満たせば卒業できる。

 計画によると、11月をめどに素案をまとめ、住民説明会や議会への説明などを経て意見・提案書を策定する。

 会長に南信州広域連合長の牧野光朗飯田市長を選んだ。牧野会長は「少子化の時代に、地域の子どもたちがしっかりを前を見据えて学べる環境づくりについて議論できれば」と話した。

◎写真説明:高校の将来像を考える協議会の初会合

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞