阿智村の浪合中学校で最後の卒業式と閉校式典開く

学校・教育

[ 2011年 3月 17日 木曜日 9時36分 ]

 阿智村浪合の浪合中学校で16日、最後の卒業式と閉校式典が雪の降る中で開かれた。同校は本年度末で64年の歴史に幕を下ろし、4月に阿智中、平谷村の平谷中と統合する。中学生14人は併設の浪合小に通う後輩たちに今後の「浪合学校」を託すと「この学校の生徒であったことを誇りに、自信を持って頑張っていきます」と思いを語った。

 浪合中は新学校制度が施行された1947(昭和22)年の開校。89(平成元)年に新築したモダンでユニークな校舎は、旧浪合村が打ち出した地域づくりの基本理念「村全体が村民すべての浪合学校」の中核施設と位置付けられ、行事や日常生活を通して小学生や地域との触れ合いが多いのが特徴だった。

 小規模校ながら地域外との交流も盛んに行われ、先駆的だった山村留学(後の通年合宿)に加え、飯田養護学校や島根県の中学、学校設立の理念を指導した東京学芸大の教授と学生、海外子女とも親ぼくを深めつつ、広い視野を培ってきた。

 ソフトテニスの強豪校としても知られ、96年には全国大会で優勝を果たしている。

 閉校式典で塚田紀昭教育委員長は、阿智中の校舎しゅん工に合わせた統合が決まるまで経緯を振り返り、閉校を告辞。岡庭一雄村長は「大勢の中で育ち合う意味もまた大きいことをご理解いただけたら。この地域がいつまでもすこやかであることを願う」とあいさつした。

 中学生は壇上に立つと、教職員や小学生、先輩、住民との思い出を語り「いつも浪合の皆さんの温かさを感じていた」「新しい浪合学校は小学生の手によって始まる。伝統を生かし、元気に過ごして」と口々に語った。

 小学生51人は「中学生がいなくなるのは寂しいです。今まで本当にありがとうございました」と深々と一礼し、「これからは僕たちが伝統の明かりを灯し続けます」と宣言。中学生は涙をぬぐいながら小学生と合唱曲を発表し合った。

 赤羽孝之校長、小学生ともに明治期に植えられた学校のシンボル「あおいの桜」に触れ、「何でも知っている桜はこれからもずっと私たちを見守ってくれるでしょう」と話していた。

 新阿智中には1年生7人、2年生4人、3年生6人の計17人が入学する予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞