飯田女子短大で発願式

学校・教育

[ 2014年 10月 8日 水曜日 9時35分 ]

 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松彰充学長)は4日、看護師を目指して学ぶ学生が気持ちを新たにする「発願式(ほつがんしき)」を、同短大で開いた。看護学科の1年生、19期生58人が、仏教の教えの下で患者に尽くす看護師になるよう誓いを立てた。

 看護学の基礎実習を終え、専門科目の授業が本格的に始まるのを前に、専門職としての知識や技術、態度を身に付ける心構えを新たにする機会として実施。一般の看護学校で「戴帽式」が行われるのに対し、仏教看護を特色とする同短大では「発願式」としている。式の運営は同学科2年生が務め、司会や歌唱、散華の役などを担当した。

 礼拝に続いて白い制服を身に着けた学生が、一人ずつ名前を呼ばれて登壇。厳粛な雰囲気の中、ろうそくを手に仏様から火を授かる「戴灯」を行った。

 全員が壇上にそろうと、代表者が誓いの言葉を述べ「この日を、看護師への道の出発の時にしたい」と宣言。全員で「阿弥陀如来の本願を心にいただいて生きる看護師になりたい」「病に苦しみ悩む人々を見守り、人と生まれた喜びを共にする看護師になりたい」などと誓った。

 献粥に続いてあいさつに立った高松学長は「今この時にも、あなたたちが将来看護師になって助けてくれることを待っている人たちがいる。発願式はその人たちのために歩みを進めようと誓うもの。素晴らしい看護師として社会に旅立ち、充実した人生を送ることを願っている」と激励していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】11月に「南信州キッチンカーフェスティバル」開催へ

9月27日月曜日15:08

【高森町】高森南小学校で南極・昭和基地の南極地域観測隊員とライブ中継

9月27日月曜日15:57

【阿智村】村内企業や事業主支援へ 1億円超の新型コロナウイルス緊急経済対策事業

9月25日土曜日14:47

【飯田市】飯田西中1年生が猿庫の泉で野点茶会を体験「抹茶は苦かったけれどすがすがしい気分」

9月25日土曜日13:42

【飯田市・下伊那】マツタケの入荷順調、森林組合北部支所直売所は買い物客でにぎわう

9月24日金曜日17:40

【豊橋市・飯田市】ヤマサちくわがねぎだれに合う練り物を商品化「飯田おでんの具にも」

9月24日金曜日17:08

グリムスパンキーニュース 2021.09.19.

9月23日木曜日16:42

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞