グリムスパンキー ニュース 2021.12.19.

グリムスパンキー

[ 2021年 12月 19日 日曜日 20時17分 ]

メンタルを鍛え演奏技術も向上。

「強み」を確信した2021年!

【取材・文 仲井勇司】

 全国7都市・8会場を回った2年ぶりのライブツアーなどを成功させて2021年の演奏活動を締めくくった飯田下伊那地域出身のロックユニットGLIM SPANKY(グリムスパンキー=松尾レミ&亀本寛貴)。8月にはフジロックフェスティバル’21(新潟県湯沢町)への出演も無事に果たすなど、次第に2年前までの活動ペースを取り戻しつつあります。「一年を振り返る」をテーマに松尾さん、亀本さんに年末の思いを聞きました。

〈嬉しかったこと〉
松尾 2年ぶりに全国ライブツアーを行えたこと。これに勝るものはないです。
亀本 同感です。

約2年ぶりに全国ライブツアーを行ったGLIM SPANKY(撮影=上飯坂一)

〈残念だったこと〉
松尾 なかなか実家に帰れないことですね。以前はふらっと帰って曲を作ったりもしてたのに。気持ち的にかなり苦しいです。
亀本 コロナ禍が長引いて海外アーティストが来日できなくなり、海外の素晴らしい音楽に生で触れられる機会がなくなってしまった。洋楽のカルチャーが日本では衰退していってしまうんじゃないかと心配しています。

〈手応えを感じたこと〉
松尾 毎週放送しているラジオ番組(水曜17時5分=FM長野)や公式ファンクラブで始めたBBS(インターネット掲示板)にたくさん反響をいただいて、ファンの方の思いがよりリアルに感じられるようになった。めちゃめちゃ励まされてます!
亀本 演奏が上手くなったという手応えがありますね。ライブを行うたびに演奏の様子が収録され、インターネットでアーカイブ配信されるようになった。もはやライブでも“勢い一発”ではなく、後々に聞いて恥ずかしくない演奏をしないといけない。すごく集中して演奏するようになった結果、上達したなと。

〈失敗したこと〉
松尾 ステージに上がる前にやる声出しとかストレッチとか、自分流のルーティン(習慣)があったのにコロナ禍の影響でそれを一時、忘れてしまっていた。改めてルーティンを一から自分の体に叩き込んでツアーを回りました。
亀本 正直、小さな演奏ミスとか以外、活動の中で失敗したと思うことはあまりないんですよ…。「自分で決めてやったことは全部正解!」ってことにしちゃってるだけかもしれないですけど。
―プラス思考でいなければ前に進んでいけない?
亀本 そうですね。本当にそうです。

〈コロナ禍〉
松尾 自分のメンタル(精神面)をどうコントロールするかが勝負でした。都会で、部屋に一人ずっとこもっていると本当に心が病みそうになる。だから(気晴らしに)ハンモックを買ってみたり、料理を作りまくったりして自分の機嫌を自分でとっていました。自己管理力が上がったようにも思います。

〈フジロック出演〉
―8月の「コロナ第5波」のさなか、賛否両論の渦中で開催されたフジロック’21に予定通り出演しました。
松尾 いろいろな意見があったけど開催されて本当に良かった。スタッフ、ミュージシャン、お客さん。感染防止の覚悟を決めてみんなが臨んだ現場に私たちもいられたことにすごく意義を感じました。会場内でマスク外してる人なんて私、一人も見かけなかったし。
亀本 音楽イベントにこそ、感染予防意識の高い人たちが集まっているように感じますね。

〈コラボ活動〉
―カバー(名曲の再演)企画の作品集に参加したり、ほかの歌手へ楽曲を提供したりと、オリジナル曲の発表よりも外部とのコラボレーション(協業)が多かった印象ですが。
松尾 立て続けに仕事の依頼をいただいて、全部受けていたら自然にそうなっていたというか…。
亀本 自分たちよりも多くのリスナー(聞き手)を持っているアーティストや、グリムの作った音楽をより多くの人に届けてくれそうな方から依頼をいただけた。そういう仕事を受けることが自分の作曲能力を高めてくれるとも思った。成長できそうな機会は逃さないぞ!という気持ちで取り組んできました。
―その成果は。
亀本 「自分たちの音楽には絶対的な強みがある」という感触を得られたこと。その強みに何を加えていくのか、いま模索しています。

〈22年の目標〉
松尾 来年はフルアルバムをまた出せる。必ず良いアルバムを生み出すという覚悟です。
亀本 楽曲提供で培ったものをオリジナル曲で形にできる。それが楽しみです!

 コロナ禍による制約の中で、音楽家が置かれている立場や自身の可能性について真摯(しんし)に向き合ってきたグリムスパンキー。折に触れて松尾さん、亀本さんの心境や考え方を聞いてきた筆者の取材雑記を近日、別欄に寄稿します。

【毎月第3日曜日掲載】

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】飯田下伊那地域でモモの出荷始まる 玉伸び・色づきともに順調で糖度も高め

7月5日火曜日15:09

【泰阜村】任期満了に伴う泰阜村長選まであと1カ月 出馬表明は現職のみ

7月5日火曜日15:18

【飯田市】「アザリー飯田フットボールクラブ」サッカー県リーグ1部で連覇

7月4日月曜日15:50

【飯田市】小林さんと池田さんが「全国ラージボール卓球大会」混合ダブルスで準優勝

7月4日月曜日15:39

【飯田市】飯田高校生徒会がウクライナ避難民との交流会「戦争が起きていることを肌で感じた」

7月2日土曜日13:12

【平谷村】平谷小で「単元内自由進度学習」を初導入 子どもたちが自ら決めて学習を進める

7月2日土曜日13:25

【飯田市・下伊那】南信州日本なし産地再生プロジェクト始動 生産者や農業関係団体、行政機関が一体に

7月1日金曜日15:33

【飯田市】信州大学新学部の設置構想を巡り中村宗一郎学長が検討状況伝える

7月1日金曜日15:19

【松川町】在コスタリカ日本大使が松川町を訪問 東京五輪のホストタウンで感謝の手紙渡す

6月30日木曜日15:39

【飯田市】座光寺の元善光寺で7年に1度の御開帳が閉幕 88日間で20万人以上が参拝

6月30日木曜日15:56

【飯田市・下伊那】市田柿の21年度海外輸出量が過去最大に 欧州も視野に100トン実現を目指す

6月29日水曜日15:02

【飯田市】千代公民館が万古渓谷ツアー開く 小学生親子で参加、地域の自然を満喫

6月29日水曜日15:17

【飯田市】風越高校吹奏楽部の定期演奏会で初めて2中学吹奏楽部と共演 総勢86人による迫力の演奏

6月28日火曜日15:41

【泰阜村】泰阜小1年生がハッチョウトンボの観察 日本最小体長15ミリのトンボ

6月28日火曜日15:39

【阿智村】伍和の運動公園周辺整備で住民向け説明会開く A、B2エリアの基本設計を発表

6月27日月曜日15:48




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞