グリムスパンキー ニュース 2022.04.17.

グリムスパンキー

[ 2022年 4月 22日 金曜日 17時42分 ]

「渋谷系」を聞いて育った松尾が「渋谷系の女王」に新曲をささげた!

【取材・文:仲井勇司、illustration:Remi Matsuo】

 5月20日に大阪城音楽堂、28日に東京日比谷野外大音楽堂と、東西2カ所の野外会場でワンマンコンサートを開く飯田下伊那地域出身のロックユニットGLIM SPANKY(グリムスパンキー=松尾レミ&亀本寛貴)。

 「爽やかな5月という季節に、少しでも開放的な気分で音楽を楽しんでもらいたい」。そう松尾さんが開催への意欲を語る“野音(やおん)”2公演に加えて、フジロックフェスティバル’22(7月末、新潟県湯沢町)をはじめとする大型イベントへの出演予定も次々に発表されています。新型コロナウイルスへの感染対策徹底を大前提に「僕らがエンターテインメントの仕事をすることで関わってくださる方たちの仕事も回るし、経済も回る」と亀本さんも力説。社会状況にも思いをはせながらプロとしての責任感をにじませます。

ファッショナブルな存在感で「渋谷系の女王」とも呼ばれた歌手の野宮真貴さん。デビュー40周年を迎える

 そうした公演スケジュールの中でグリムスパンキーが新たに手掛けたのが「渋谷系の女王」とも呼ばれたポップシンガー野宮真貴さんへの新曲書き下ろし。2001年まで活動したバンド「ピチカート・ファイヴ」でボーカルを担当するなどしてきた野宮さんのデビュー40周年記念アルバム「New Beautiful(ニュー ビューテフル)」(4月20日発売)に収録される「CANDY MOON(キャンディー ムーン)」を松尾さんの作詞作曲、グリムスパンキーのアレンジ(編曲)で完成させました。

 さて「渋谷系」とは、その名の通り東京渋谷の宇田川町(うだがわちょう)を発信源として1990年代に話題となった都市型カルチャーの一大ムーブメント。そして「渋谷系」の音楽の特徴は軽快なビートにレトロ感も散りばめる独特な“おしゃれさ”にありました。野宮さんが在籍したピチカート・ファイヴはまさにそうした音楽の代表格。伝説的な外資系CDショップ「HMV渋谷」(10年に閉店)が商品の陳列区分に“渋谷系”というカテゴリーを設けて販売し始めたことが呼び名のルーツになったとも言われています。

 東京周辺の局地的な流行であった「渋谷系」。それにもかかわらず、当時まだ10歳に満たなかった松尾さんは地元の豊丘村で「渋谷系」に魅了されていました。

 「実家がお店(レコード、雑貨などのコレクターズショップ)を営んでいて、父が音楽に詳しく渋谷系にも熱心でした。その影響が大きかった」と松尾さん。「週末は両親に連れられて東京へ出掛けていた」という少女期を過ごして感性が磨かれました。

 「野宮さんの大ファンだった母が、ある時、知り合いの方を介して、うちの店で作っていた布製の人形をピチカート・ファイヴにプレゼントさせていただいたことがあったそうです。やがて、野宮さんがその人形をずっと大事にしてくださっているとわかって…。しかも、私がその人形の贈り主の娘だったので(お互いに)とても驚きました」

東京都内のレコーディングスタジオで野宮真貴さん(左)と

 そんな運命的なめぐり合わせも経て、グリムスパンキー作曲、野宮真貴歌唱による“渋谷系リバイバルソング”がついに完成。「いつまでもファッショナブルでキュートな野宮さんにふさわしい仕上がりになったと思う」と松尾さんが胸を張る同曲は、日ごろ骨太なロックを演奏するグリムのイメージとは一線を画す、デート気分のサンシャインポップ。そのギャップの大きさへの驚きを伝えると「こういう音楽も私の素(す)なので…」と松尾さん。

 それを聞いた亀本さんは「良質なポップ感覚も、FAT(ファット)(骨太)なロックマインドも、松尾さんは両方内側に持っている。それはいわば(世界的なバンド)ザ・ビートルズのような才能」と冷静に補足。…なるほど、グリムスパンキーはまた一つ新たな曲作りの幅を示すことに成功したようです。

松尾レミ作詞作曲、GLIM SPANKY編曲による新曲「CANDY MOON」が収録された野宮真貴の最新アルバム「New Beautiful」

 この春は松尾さんの歌声をテレビで耳にする機会も増えてきそう。スキンケア用品大手、花王(東京)の「ビオレZ」のCMでは、若手女優の浜辺美波さんが出演する映像の背後に松尾さんの歌声が流れます。画面にクレジット(紹介字幕)は出ませんが、その歌声は一聴しただけでわかる松尾さんのハスキーボイス!

 加えて、サントリーウイスキー「角瓶」のCMもグリムスパンキー演奏によるBGMでオンエアが始まりました。誰もがよく知る「ウイスキーが、お好きでしょ」のCMソングを松尾さんがしっとりと歌唱…。詳しくは5月の本欄で紹介します。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12

【飯田市・下伊那】森林を守り、技術を学ぶ 千代の山林で「森集人」がボランティア作業

11月30日水曜日15:17

【阿智村】村の魅力再認識、阿智☆昼神観光局が村内一斉ライトダウンイベント開く

11月29日火曜日15:02

【飯田市】日本一の焼肉のまちの発信拠点「信州飯田焼肉研究所」がオープン

11月29日火曜日15:48

【飯田市】南信州アルプスフォーラムが勉強会 リニア長野県駅開業に向け、明大・佐々木教授が助言

11月28日月曜日16:44

【飯田市】「お祭り気分を子どもたちに」南信州屋台フェス開催、ダンスや音楽のパフォーマンスも

11月28日月曜日15:38

【天龍村】天龍村坂部地区で伝統の柚餅子加工始まる「伝統食を残そう」NPOが継承

11月26日土曜日13:24

【飯田市】千代小学校生徒が地区内の窯で炭焼き体験 地域住民も協力する恒例の行事

11月26日土曜日13:08

【飯田市】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

11月25日金曜日16:28

【天龍村】米ミドルベリー大の留学生がユズ収穫体験 柚餅子通じて日本の農村文化学ぶ

11月25日金曜日16:28

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州で市田柿の出荷始まる「糖度高く、品質上々」

11月24日木曜日15:17

【下條村】伝承300年の節目祝う熱演におひねり 下條歌舞伎の定期公演が3年ぶりに通常開催

11月24日木曜日15:00

【飯田市】佐藤健市長が市議会定例会本会議で市長就任2年経過に言及「将来に向けた下ごしらえはできた」

11月22日火曜日16:34




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞