グリムスパンキー ニュース 2022.07.17.

グリムスパンキー

[ 2022年 7月 18日 月曜日 20時14分 ]

アルバム発売前に新曲第2弾配信!トークイベントで“語り”も披露

【取材・文:仲井勇司、illustration:Remi Matsuo】

 8月3日に6作目のオリジナルアルバム「Into The Time Hole」を発売する飯田下伊那地域出身のロックユニットGLIM SPANKY(グリムスパンキー=松尾レミ&亀本寛貴)。同アルバムの発売は5月28日に行ったワンマンコンサート「野音ライブ2022」(東京日比谷)の会場で発表されました。

 その後、公式サイトやSNS、ラジオ番組などで告知を続ける一方、アルバム収録曲から2曲の先行配信を実施。7月5、12日にはSNS「インスタグラム」のライブ配信機能を使った「インスタライブ」を行い、二人が生で視聴者に語りかける情報発信なども展開。音楽市場においてサブスクリプション(定額支払いで聞き放題となる楽曲購入方法)が主流となったいまもアルバムをCDというパッケージ形式で発売する意義を、グリムスパンキーは積極的にアピールしています。

2曲の先行配信に続いて8月に発売される最新アルバムのジャケット写真

 去る6月17日にはビートルズ研究者の藤本国彦氏が開いたライブトークイベント「ビートルズの世界 AROUND THE BEATLES 2022」(東京渋谷)に二人そろって出演。グリムスパンキーはこれまで「ビートルズから多くの影響を受けた」と発言してきましたが、演奏をせず、ひたすら藤本氏と語り合った対談は二人の「ビートルズ愛」が十分に伝わる内容。偉大な英国ロックバンドへの思いを約2時間にわたって掘り下げました。

 印象的だったのは4人組のビートルズと、コンビである自分たちを比較した部分。21年に公開されて話題となったドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ Get Back」では撮影当時のメンバー間のいさかいによってビートルズが解散に向かっていった様子が克明に記録されていますが、二人はこの点に言及。

松尾「4人いると曲作りで意見が割れる。ふたりの方がきっと楽です」

亀本「僕らも意見が割れた時は遠慮なく言い合うね」

松尾「私たちはきちんと説明できた方の意見が通る。とんでもないけんかにはならない。より良いものを作ろうという目標はずっと一致してるから」

亀本「言い合いになったらふざけるのも大事。それで相手が笑ったらふざけた方が勝ち。…いつも僕の勝ちなんですけど!」

 ジョークも交えながら会話の端々に信頼関係をにじませました。

ビートルズに詳しい藤本国彦さん(左)とイベントで語り合った=6月17日、東京渋谷

 同イベントの終盤は観客への感謝の言葉が。

松尾「皆さんが聞いてくださるおかげで、また私たちはアルバムを出すことができます」

亀本「サブスク全盛のこの時代に僕らの音楽をCDで買ってくださる方たちがいる。本当にありがたいこと。全力でCDに購入特典を付けます!」

 その言葉通り購入者は通常盤・初回盤と異なる写真を使用した直筆サイン入りCDジャケットを先着順で手に入れられるなど、いままでにない特典が準備されています。

 先行配信した1曲目「形ないもの」は華やかなパレード感あふれるポップナンバーでしたが、22日から配信予定の2曲目「シグナルはいらない」は切れ味鋭いロックソング。緊張感さえ漂う松尾さんのボーカルを亀本さんのエレクトロなアレンジ処理によって極めて現代的に表現しています。

 実はシグナル(=信号、サイン)という言葉が気になり、筆者から「ロシアによるウクライナ侵攻への怒りなど、何かメッセージも?」と尋ねたところ、松尾さんはいったん「特定の意味はないです」と答えた後で「もちろん現在の世情に対する様々な思いも込められています」と説明を補足。

松尾「曲の意味を限定したくない。ただ、何か感じてもらえるような言葉を探しながらこの曲を書きました」

 そして、二人の口から次のようなひと言も。

松尾「自分の全てを注いで曲とアルバムを作り上げています。もしCDで聞いてもらえるならジャケットを眺めたり、歌詞カードを読んだりしながら曲を聞いてもらいたい」

亀本「松尾さんの歌は歌詞カードで読んでも本当にかっこいい。僕も感動している」

 フジロックフェスティバル’22(新潟県、7月30日)などのイベント出演を経て、最新アルバム収録曲を披露する全国コンサートツアーは11月2日からスタート。札幌、東京、福岡など10都市で全11公演を行います。コロナ禍の落ち着きをみて再開した昨秋のツアーは8回の公演にとどまりましたが今回は公演数を増加。地元では11月27日に長野市ホクト文化ホール(中ホール)、12月3日に愛知県の名古屋市公会堂で開催されます。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12

【飯田市・下伊那】森林を守り、技術を学ぶ 千代の山林で「森集人」がボランティア作業

11月30日水曜日15:17

【阿智村】村の魅力再認識、阿智☆昼神観光局が村内一斉ライトダウンイベント開く

11月29日火曜日15:02

【飯田市】日本一の焼肉のまちの発信拠点「信州飯田焼肉研究所」がオープン

11月29日火曜日15:48

【飯田市】南信州アルプスフォーラムが勉強会 リニア長野県駅開業に向け、明大・佐々木教授が助言

11月28日月曜日16:44

【飯田市】「お祭り気分を子どもたちに」南信州屋台フェス開催、ダンスや音楽のパフォーマンスも

11月28日月曜日15:38

【天龍村】天龍村坂部地区で伝統の柚餅子加工始まる「伝統食を残そう」NPOが継承

11月26日土曜日13:24

【飯田市】千代小学校生徒が地区内の窯で炭焼き体験 地域住民も協力する恒例の行事

11月26日土曜日13:08

【飯田市】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

11月25日金曜日16:28

【天龍村】米ミドルベリー大の留学生がユズ収穫体験 柚餅子通じて日本の農村文化学ぶ

11月25日金曜日16:28

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州で市田柿の出荷始まる「糖度高く、品質上々」

11月24日木曜日15:17

【下條村】伝承300年の節目祝う熱演におひねり 下條歌舞伎の定期公演が3年ぶりに通常開催

11月24日木曜日15:00

【飯田市】佐藤健市長が市議会定例会本会議で市長就任2年経過に言及「将来に向けた下ごしらえはできた」

11月22日火曜日16:34




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞