グリムスパンキー ニュース 2023.01.22.

グリムスパンキー

[ 2023年 1月 25日 水曜日 19時51分 ]

飯田市内のバー、伊那八幡駅… 正月の帰省で英気を養いました

【取材・文:仲井勇司、illustration:Remi Matsuo】

 全国各地をワンマンコンサートで回る「Into The Time Hole Tour 2022」を12月21日に終了。年明けは活動拠点の東京を離れ、それぞれの実家で正月を過ごしたという飯田下伊那地域出身のロックユニットGLIM SPANKY(グリムスパンキー=松尾レミ&亀本寛貴)。

 年末年始も楽曲制作の仕事は続いたそうですが、それぞれのスケジュールで帰省し、地元の空気で英気を養ったようです。どのような正月を過ごしていたのでしょうか。

コンサートツアー最終日の演奏を終えて客席に手を振る=12月21日、東京・昭和女子大学人見記念講堂(撮影=上飯坂一)

 松尾さんは「母親が作った雑煮を食べ、両親と岐阜県へ遊びに行き、地元豊丘村の友人たちとも焼き肉で会食し…」と三が日を振り返った上で、グリムスパンキーにとっての思い出の場所であるJR飯田線の伊那八幡駅を訪れたことも紹介。実は松尾さんは高校時代、同駅で下車してはバンドの練習場所にしていた飯田市松尾にある“スタジオ”に通っていました。

 「松尾のグラウンド(飯田市総合運動場)のすぐとなりに昔カラオケボックスだった建物があり、そこが音楽スタジオとして使えるようになっていて、ずっと通っていました」(松尾さん)

 1カ月ごとに家賃のような料金を支払い、カラオケの機械が撤去されただけの空き部屋に楽器を持ち込んで行った練習。外への音漏れを気にしなくていい自由な空間―。グリムスパンキーを結成し、ひたすらバンド活動に打ち込んでいた高校時代を松尾さんはそう懐かしみます。

 「ほぼ毎日通ってましたね。カメ(亀本さん)もサッカーの部活が終わってからやって来て」

JR飯田線の伊那八幡駅に立つ松尾さん

 当時、松尾さんの父親の友人にそのスタジオをギターの練習場所として使っていた人物がおり、その縁で松尾さんも利用するようになったのだそう。バンド演奏は時に騒音と受け止められることもあり、音が漏れない練習場所の確保はバンドマンにとって大きな課題です。

 「いま考えると、良い場所があったものだと思います」

 懐かしいバンド練習の記憶につながる伊那八幡駅は、母校の松川高校(下伊那郡松川町)や豊丘村の自宅とは一味違う思い出の場所であるようです。

 亀本さんは飯田市内の「あるバー」へ飲みに行ったそう。酒好きな男友達と再会し、さぞかしにぎやかに飲み明かしたのでは…と尋ねると、意外にも「いえ、両親と飲みに行きました」と亀本さん。

 父親母親と連れ立ってバーへ飲みに行くとはなかなか粋な親子関係ですが、その日は鉄板焼きで知られる飯田市鼎・水の手の店で“鉄板焼きの焼き肉”を家族で楽しんだ後、そのまま中央通り1丁目角にある有名バーへ。

 以前から「ウイスキーが好き」と話し、米国産ウイスキーの一種「バーボン」にこだわる亀本さん。「古き良きアメリカがテーマの店でバーボンの種類が充実している」という評判を聞いてそのバーを訪ねたそうです。

 飲んでみた銘柄は「ノブ・クリーク」や、グラミー賞やノーベル文学賞も受賞した著名な米国フォーク歌手ボブ・ディランがプロデュースしたことで知られる「ヘブンズ・ドア」など。そうしたウイスキーにまつわるエピソードを亀本さんが語ると、松尾さんも「面白いな!」と、そのバーの存在に対して興味津々に。

 以前から帰省は別行動で、移動予定などを特に伝え合ったりもしない松尾さんと亀本さんだけに、今回の取材はお互いの正月の様子を聞き合う良い機会にもなったようです。

飯田市中央通りのバーでくつろぐ亀本さん

 また松尾さんは「去年より本をたくさん読みたい」という新年の抱負も表明。本好きな松尾さんに最近読んだ中で気に入った本を尋ねると「コジコジにきいてみた。モヤモヤ問答集」(さくらももこ著)と短編小説集「月とコーヒー」(吉田篤弘著)の2冊を挙げ、「悩んだ時にそっと肩を押してくれたり、一息つかせたりしてくれる本だった」と紹介してくれました。

 さらに「今年はバンド形式でのライブを多くやりたい」とも。「去年は2人か3人の小編成でのアコーステッィク演奏のほうが多かったので」と松尾さんが活動拡大に意欲を示すと、亀本さんも1年後に思いをはせて「イベントやテレビに出演してるようなにぎやかな年末年始に」と実感を吐露。

 「そういう状況は活動の結果としてついてくるもの。目標として語る話ではないですけど」と前置きしつつも、「1年後の結果を僕は今からイメージしています」と言葉に力を込めました。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】回復傾向も「依然厳しい」 公共交通改善市民会議が上半期輸送実績を報告

2月4日土曜日14:35

【平谷村】雪上の遊びを満喫 平谷高原スキー場で3年ぶりの「珍珍幕府冬の陣」開催

2月4日土曜日14:04

【飯田市】第38回ムトス飯田賞が決定 「平和の種」と「アップルサンタ」の2団体が受賞

2月3日金曜日15:16

【飯田市】権現山白山社などで祈祷や豆まき 1年の平穏を願う節分行事

2月3日金曜日15:20

【飯田市・下伊那】飯田南道路23年度の事業化向け期成同盟会が国に要望書

2月2日木曜日15:46

【飯田市・下伊那】県立高校入学試験の前期選抜が県内一斉に実施 飯伊は578人が面接臨む

2月2日木曜日15:23

【飯田市】龍江の今田平でイチゴ狩りがオープン 龍江小児童が収穫体験

2月1日水曜日15:15

【飯田市】信州黄金シャモの魅力発信 下農高畜産部が飲食店とラーメン共同開発

2月1日水曜日15:27

【阿南町】マイナンバーカード取得促進へ独自施策 3月末まで申請に商品券給付

1月31日火曜日15:16

【飯田市】上下水道料金値上げの諮問内容を協議 改定時期「10月~来年4月の間」

1月31日火曜日15:24

【長野県・飯田市・下伊那】県議選告示日まであと2カ月

1月30日月曜日15:27

【飯田市】10店舗からお気に入りの1本を 座光寺のエス・バードでシードル試飲販売会

1月30日月曜日15:54

日本の伝統文化に関心のある旅行者向けツアーの造成を目指す 飯田市内でファムツアー

1月28日土曜日13:10

千代小学校の6年生が旧満州開拓団慰霊碑の維持管理活動

1月28日土曜日13:31

【松川町】小渋第3発電所の大規模改修へ向けた起工式 「学びの場」「観光の場」づくりも

1月27日金曜日16:02




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞