【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

リニア中央新幹線

[ 2022年 1月 20日 木曜日 15時07分 ]

 リニア中央新幹線の建設工事で出る残土で、処分計画地となっている飯田市下久堅で盛り土造成の準備工事が進む。今月からは、中央アルプストンネル松川工区(4・9キロ)のうち斜坑掘削に伴う残土の搬入が開始。運び込む残土は準備工事に活用している段階で、盛り土作業が本格化するのは秋ごろになる見通し。

 下久堅の残土置き場は小林と柿野沢の両地区に計画し、盛り土の造成範囲は全体で約3ヘクタール。20万5000立方メートルを運び込んで埋める計画で、松川工区の斜坑と本坑、黒田非常口(風越山トンネル工区)から出る残土を想定する。

 運搬台数は片道で当面1日40台で、ピーク時は1日最大で約420台(往復)を見込む。中央道飯田インターチェンジを経由し、中央道と三遠南信道を利用して運び出している。

 造成は準備工、仮設調整池工、表土すき取り、仮排水工、地下排水工、補強土壁工、造成盛り土工、河川工事、道路工の順で工事を進める。

 造成計画によると、盛り土の高さは約19メートル。盛り土の下流部には仮設の調整池兼沈砂池を構築する。調整池を設けることで雨水が下流域に一気に流れないよう流量調整する―とする。また近くを流れる伝田沢川を改修し、改修工事の完了後は地下排水を直接放流する。

 工事完了後の管理計画について、JR東海は工事中のモニタリング結果を踏まえ、必要な場合に追加の環境保全措置を実施する考え。造成範囲の平たん部は地権者に返還して農地に戻す。道路や河川の維持管理は市が引き継ぎ、仮設沈砂池の維持管理はJRが一定期間行うとする。

 市内の坑口3カ所から出る残土は約185万立方メートルを見込み、松川工区が約90万立方メートル、黒田工区が50万立方メートル、上郷工区が45万立方メートル。松川工区では昨年9月6日にトンネルの掘削が始まった。

◎写真説明:準備工事が進む下久堅の小林地区(19日)

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】龍江の今田平でイチゴ狩りがオープン 龍江小児童が収穫体験

2月1日水曜日15:15

【飯田市】信州黄金シャモの魅力発信 下農高畜産部が飲食店とラーメン共同開発

2月1日水曜日15:27

【阿南町】マイナンバーカード取得促進へ独自施策 3月末まで申請に商品券給付

1月31日火曜日15:16

【飯田市】上下水道料金値上げの諮問内容を協議 改定時期「10月~来年4月の間」

1月31日火曜日15:24

【長野県・飯田市・下伊那】県議選告示日まであと2カ月

1月30日月曜日15:27

【飯田市】10店舗からお気に入りの1本を 座光寺のエス・バードでシードル試飲販売会

1月30日月曜日15:54

日本の伝統文化に関心のある旅行者向けツアーの造成を目指す 飯田市内でファムツアー

1月28日土曜日13:10

千代小学校の6年生が旧満州開拓団慰霊碑の維持管理活動

1月28日土曜日13:31

【松川町】小渋第3発電所の大規模改修へ向けた起工式 「学びの場」「観光の場」づくりも

1月27日金曜日16:02

【松川町】文化財防火デーに合わせ松川町教育委員会が円満坊で消防訓練実施

1月27日金曜日16:47

【飯田市】大相撲三段目の力士・満津田が松尾相撲クラブを激励 小中学生とぶつかり稽古

1月26日木曜日16:16

【松川町】松川中央小学校で交通安全教室 大型車両通行を受け町とJR東海が連携し企画

1月26日木曜日16:03

グリムスパンキー ニュース 2023.01.22.

1月25日水曜日19:51

【飯田市・下伊那】寒波の影響で今シーズン一番の冷え込みに 飯田で氷点下7.6度を観測

1月25日水曜日15:13

【飯田市】中央高速バス「伊那・飯田―新宿線」協同運行6社が新運賃制度導入へ

1月25日水曜日15:52




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞