リニア JR東海試算 輸送需要量も「直線」優位

リニア中央新幹線

[ 2009年 7月 19日 日曜日 14時22分 ]

 東京―名古屋を結ぶリニア中央新幹線計画で、JR東海が3ルートを対象に行った輸送需要量や維持管理費などの試算結果が17日、分かった。総延長が最短で工事費が最も少なかった直線のCルートが、維持費や更新費でも他の2ルートより割安だったほか、輸送需要量も県内の一部地域が求めている伊那谷迂回のBルートを9%上回った。Cルートの優位性が認められたことで、飯田下伊那地域が願う飯田駅の実現が現実味を帯びてきた。

 輸送人数と移動距離から算出する輸送需要量は、南アルプスを貫いて最短距離で結ぶCルートが最も多く、年間167億人キロ。南アを北側に迂回して伊那谷を南下するBルートの153億人キロ、同迂回で木曽谷を南下するAルートの156億人キロを9%上回った。 所要時間が短いため、輸送需要が多い。
 年間に必要な維持運営費は、Cルートが1620億円でBルートの1810億円やAルートの1770億円を下回った。

 開業後25―50年間のうちに必要な車両や駅設備などの更新費も、Cルートが2兆9100億円だったのに対し、Bルートが3兆4200億円、Aルートが3兆3300億円で割高になった。
 同社が6月に示した工事費(建設費と車両費の合計額)は、Cルートが5兆1000億円、Bルートが5兆7400億円、Aルートが5兆6300億円。路線の長さはCが最短の286キロで、Bが346キロ、Aが334キロ。東京―名古屋間の所要時間はCルートが最短で40分、Bが7分増の47分、Aが6分増の46分だった。

 工事費のほか、維持運営費や更新費でも距離の短いCルートが割安になることに加え、輸送需要量でも直線ルートの優位性が認められたため、同社が想定する直線経路によるリニア開業の可能性が一層高まった。
 同社はまた、中間駅をめぐって「1県1駅」の設置方針を示しており、「直線ルート」による整備が決まれば、飯田駅の設置が現実化する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08

【阿智村】村長らが高齢者の祝賀訪問

9月14日火曜日15:32

【売木村】飯伊に「スポーツの秋」

9月11日土曜日13:45








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞