リニア中央新幹線特別委員会が飯田駅実現に向け協議スタート

リニア中央新幹線

[ 2010年 2月 16日 火曜日 8時29分 ]

 飯田商工会議所のリニア中央新幹線特別委員会は15日、リニア飯田駅の実現に向け、市民基金の創設を視野に入れた協議をスタートさせた。独自の積み立てを模索している飯田市と役割を分担し、企業や個人などを対象に募りたい考え。誘致運動への積極的な市民の参画をねらい、民間80社でつくるリニア飯田駅設置推進協議会と準備を進める。

 想定している基金の形態は2案あり、いずれも個人や企業、団体を対象とする。

 1案は、東海道新幹線の新駅設置を実現した静岡県掛川商工会議所の例で、協力する金融機関が積み立てプランを設け、各個人、企業、団体が独自に定期積み立てを行うタイプ。満期になった時点で個々が全額または一部を寄付する。

 整備計画の具体像が明らかになる前に着手できる一方、満期を迎えるまで受け入れ態勢を整える時間猶予がある。

 2案は伊原五郎兵衛の記念費移転などで行った、口座を設けて随時受け付ける形。市民にとってはわかりやすい形態だが、税制の優遇措置などを取り入れることが困難だ。

 商議所に対しては中間駅の設置費の負担を懸念する市民から、基金の早期創設を願う声が相次いで届いており、1年以上も前から準備に着手するタイミングの模索が続けられていた。

 委員会では「いよいよ直線ルート・飯田駅が現実味を帯び、カネの話になってきた。ある日突然負担できる額ではないと見られるので、しっかり準備しなければならない」などの声が続く一方、駅設置費の負担のあり方の見通しが立っていないことから、慎重に見極めるべきだとする意見も出た。

 中間駅について、JR東海は「受益者負担」の観点から地域による整備費負担を求めたい考えを示している。標準的な中間駅の設置費は350億円(地上駅の場合)と試算されているものの、負担主の枠組みや分担率は不透明なままになっている。

 商議所は16日に開くリニア飯田駅推進協の会議でも議論のテーブルに挙げる考えで、宮島八束会頭は「住民のみなさんの関心が非常に高い問題。行政、まちづくり委員会と話を煮詰めていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08

【阿智村】村長らが高齢者の祝賀訪問

9月14日火曜日15:32

【売木村】飯伊に「スポーツの秋」

9月11日土曜日13:45








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞