リニア残土処理 坑口別でも受け入れ確保

リニア中央新幹線

[ 2015年 9月 4日 金曜日 13時30分 ]

 リニア中央新幹線の建設残土をめぐり、県内の自治体が可能としている受け入れ量が、坑口別の排出量でも一部を除いて上回る見通しとなっていることが南信州新聞社の調べで分かった。飯田市や大鹿、豊丘、喬木村の坑口から排出される残土は、同市村の他、駒ケ根市や松川町、下條村、上伊那郡中川村が活用する見通し。一方、阿智村と木曽郡南木曽町分は行方が定まっていない。

 県内工事で発生する残土は、トンネル分950万立方メートル、切り土分24万立方メートルの計974万立方メートルで東京ドーム7・6個分。市町村別では、大鹿村が最大で298万立方メートル、次いで豊丘村が222万立方メートル、飯田市が180万立方メートル、南木曽町が176万立方メートル、阿智村が71万立方メートル、喬木村が3万立方メートルとなっている。

 本紙の調べでは、大鹿村の298万立方メートルは、同村の10万立方メートルの他、松川町の窪地埋め立てなど3カ所で620万立方メートル、駒ケ根市内の市道改良で3万立方メートル、中川村内の県道改良で13万立方メートルの活用が検討されており、候補地の受け入れ量が発生量を大幅に上回っている。

 豊丘村は窪地2カ所の埋め立てで、喬木村は工業団地の整備で村内発生分を処理できる見通し。搬出経路としては、長沢田村線や竜東一貫道路が予想される。

 飯田市は候補地の計画を明らかにしていないものの、竜東地区の窪地の埋め立てや県道改良などで一定量を活用するものと見られる。一部は高速道路や国道151号線を活用し、100―200万立方メートルの活用を想定している下條村に搬出する可能性もあり、発生量全てを処理できる見通しが立っている。

 一方、阿智村と南木曽町から発生する残土の処分先は白紙の状態となっている。

 阿智村は、JR東海が搬出路として想定している村道1―20号線の整備や将来に行う公共事業での活用を想定し、最大で村内発生量と同じ70万立方メートル程度の受け入れを表明している。

 ただ、具体的な候補地の選定には至っておらず、県から候補地などについて調査をしたい旨の打診があったことも明らかになっている。

 村民の懸念を大きくしているのが、隣接する南木曽町が町内に処分地を設けない方針を示している点だ。

 JR東海の環境影響評価では、残土運搬車両の村内最大値として清内路の国道256号線沿いで1日最大920台と試算されているが、これは南木曽町の坑口2カ所で発生する176万立方メートルの搬出を含めた予測だった。

 同町は「土砂災害が多い地域のため、村内に処分地は設けられない」(担当者)の姿勢。木曽郡内で他の候補地はなく、清内路峠を超えて阿智村に運ばれる可能性が消えていない。

 村は県などに対し、「村外からの排出土の搬入・運搬通過の回避」を要求してきた。処分先だけを見るなら、隣接する下條村が適地だが、村民が懸念する昼神温泉周辺の国道256号線の通行が避けられない。

 打開策として浮上しているのが、昼神温泉以西のエリアへの処分場の設置だ。村内では一部で具体的な地域名が挙がったことがあるが、水面下を含めて調査などは一切行われておらず、村外の関係者からは焦りの声も聞かれている。

 JR東海の関係者は「県や村と調整しながら、阿智村内の候補地などについて、速やかに調査に入りたい」としている。

 村のリニア対策協議会の中では「候補地は限定せず、村民から公募して決める」とする声が出ており、今後の行方が注目される。

 残土の処分先についてJR東海は、県を窓口に公共活用の検討とあっ旋を求めており、関係市町村も加わる「建設発生土活用ワーキンググループ」が取りまとめている。

 あっ旋を受けた後、絞り込みを行う同社は「坑口に近い所ほどダンプの台数が減るため、優先順位が高い」としており、現場の近隣地から固まっていくものと見られる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04

【阿智村】治部坂高原でキバナコスモスが見頃 100万本の花がゲレンデをオレンジ色に彩る

8月9日火曜日15:21

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56

【飯田市】飯田風越高校の生徒有志が投票率向上へ呼び掛け 「飯田下伊那100計画」復活めざす

8月4日木曜日15:38

【飯田市】地元ミュージシャンやバンド出演の屋外音楽イベント「並木横丁GO GO MUSIC FESTIVAL」6日に開催へ

8月3日水曜日16:10

【泰阜村】任期満了に伴う泰阜村長選 現職の横前明氏が無投票再選

8月3日水曜日15:59

【泰阜村】村長選が告示、現職横前氏が立候補を届け出 無投票再選となる見通し

8月2日火曜日15:19

【松川町】交流センターみらいにイラストレーターの326さんがデザインしたカーテンを設置

8月2日火曜日15:26

【飯田市】飯田商工会議所下久堅支部の「コロナに負けるな!応援花火」 地域の元気と新型コロナの収束願い

8月1日月曜日15:20




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞