リニア残土活用先、一定量確保か

リニア中央新幹線

[ 2019年 6月 11日 火曜日 15時31分 ]

 リニア中央新幹線の残土処分を巡り、市町村などから県に寄せられた新たな活用先の情報が12件に上っていることが11日、分かった。飯田下伊那や上伊那地域が中心で、飯伊の工事で発生する残土795万立方メートルのうち、行き先が不透明な約350万立方メートルの一定量を満たすものと見られる。県は「有効活用できる情報があれば、引き続き提供を求めたい」としている。

 松川町内の大規模候補地の取り下げなどを踏まえ、県リニア整備推進事務所(飯田市)が昨年12月、飯伊と上伊那、木曽地域の自治体など38団体に活用先の照会を通知。2013年10月以来で、期限を設けずに情報提供を求めていた。

 同事務所によると、10日までに県の現地機関や市町村などから計12件の情報提供があった。道路改良など公共事業活用が中心という。

 想定される面積や土量も調べているが、12件の詳細や全体の規模は明らかにしていない。

 事業者のJR東海には随時、情報を伝えていて、現地調査も順次進めているという。

 県内から発生する残土は約975万立方メートルで、このうち約795万立方メートルが飯伊の工区から発生する。

 一方、確定している残土本置き場は大鹿村と喬木村の計4カ所。他にJRが地元と協議や調整を進めている候補地が木曽地域も含めて約20カ所ある。

 松川町生田の候補地取り下げにより、飯伊では約350万立方メートルの土の行方が未定になっていた。

 阿部守一知事は2月、JR東海金子慎社長とのトップ会談で「できるだけ早く処分地を確定させてほしい」と要請していた。

 JR東海は「発生土置き場について、県から随時追加の候補地を提供していただき、検討している。引き続き県と連携し、情報を共有しながら進めていく」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】東野大獅子保存会がお練りまつりに向け準備 獅子舞の屋台部分などに使う竹の加工作業

1月24日月曜日16:10

【平谷村】ほっとパークひらや郷でアイスキャンドル 親子連れらが幻想的な明かり楽しむ

1月24日月曜日16:34

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞