JR東海「南アルートこそ県内に便益もたらす」

リニア中央新幹線

[ 2010年 5月 12日 水曜日 8時05分 ]

 リニア中央新幹線の整備計画を検討する国土交通省交通政策審議会中央新幹線小委員会(委員長=家田仁東大大学院教授)が10日に開かれ、JR東海のヒアリングを行った。県内で意見が分かれている経路問題をめぐり、山田佳臣社長は「南アルプスルートで進めるしか道はない」と強調。飯田エリアへの設置を想定している県内駅については中央道との連携活用を提言し、「南アルートこそ県内に便益をもたらす」とした。

 3回目の今回は、山田社長ら同社の幹部を参集し、説明を聞いた。

 経路問題について同社長は「全額自己負担で建設する以上、伊那谷や木曽谷ルートではあらゆる面でデメリットが大きい」とし、南アルートの優位性を強調。「たとえ一部を補填すればいいだろうという話があっても、マイナス部分をカバーして余りあることは考えられない」との表現で、南アルート以外に選択肢がないとする考えを伝えた。

 長野県内駅の活用については、金子慎常務が図表を示して「県内では伊那谷ルートを求める声があるが、北部の長野新幹線、中部の中央線に加え、南部にリニアが走ることで新しい観光ルートの拡充の可能性が高まる。中央線や飯田線にオーバーラップしない南アルートこそ、プラスの便益を提供できるものと考えている」と説明。飯田線との連携についてを問う質問には「飯田線は線形が困難なため、大きな力を持たせる路線に改善することは事実上無理。中央道との連携で南北につなげることを考えたい」と答えた。

 開業の時期については、経営状況によっては前倒しも可能だとし、「できる限り早く開業したい」と主張。着工の時期は、南アトンネルの工期を10年間と想定していること、技術の継続性を重視していることなどを挙げ、「山梨実験線の延伸工事に続く形で取り組みたい」とし、13年に完了する延伸工事に続き、14年内に着手したい考えをあらためて示した。

 また、リニア開業後の在来線の運営については「運営の効率化を目指すが、赤字であっても12路線の在来線は維持する」と力説した。

 同社はまた、リニアの料金案についても初めて言及した。東京―名古屋間は「のぞみ」比で700円増し、東京―大阪は1000円増し、名古屋―大阪は400円増しを想定。「実際の料金は開業直前の経済状況や東海道新幹線の料金を踏まえて決める」とした。

 山田社長は「国の予算や状況に縛られながらの推進は勘弁願いたい」とも発言。高速道路無料化にも触れ、国に対して「プロジェクトの推進力を阻害することがないようお願いしたい」と求めた。

 審議を見守った飯田商工会議所の尾澤敏秀専務は「JR東海が南アルートしかないという態度を明確に示されたことが印象的だった。今後もJRの取り組みを応援していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】三遠南信道飯喬道路3工区で初のトンネル完成式 早期開通へ思い新たに

10月1日土曜日14:11

【飯田市・下伊那】「身近な相談先知って」オレンジリボンが児童虐待防止啓発でティッシュ配布

10月1日土曜日14:56

【飯田市】公共施設のネット予約システム10月3日から稼働 PC、スマホに対応

9月30日金曜日16:42

【東京都】ニッチローさん監修の焼き肉店が下北沢にオープン

9月30日金曜日16:45

【飯田市】大規模断水の静岡市清水区へ職員と給水車を派遣 副市長と職員が拍手で送り出す

9月29日木曜日15:06

【阿智村】「豊かな自然生かしたい」浪合に移住した母親たちが子育て広場を始める

9月29日木曜日15:48

【リニア中央新幹線】JR東海が「対策土」活用に向け試験施工の方針示す 大鹿村の仮置場で年末にも

9月28日水曜日15:17

【飯田市】久保田さんが古民家活用し書店オープン「本を読む楽しさ感じられる場所に」

9月28日水曜日15:16

【飯田市・下伊那】伊那谷民俗芸能団体連絡協議会が総会 地域文化の継承へ意気を高める

9月27日火曜日15:03

【飯田市】恩がえしIILAが動物愛護週間イベントを開催 「生き物を知って守ろう」

9月27日火曜日15:57

【飯田市】飯田下伊那や上伊那のシードルを集めたマルシェ「南信州シードルコレクション」 試飲しながら生産者と交流

9月26日月曜日15:48

【飯田市】リニア中央新幹線の県内駅周辺整備での移転代替地 決定区画数は75%に

9月26日月曜日15:17

【飯田市・下伊那】安倍元首相の国葬 天龍村が半旗掲揚を予定、豊丘村は検討中

9月24日土曜日14:58

【飯田市】市美術博物館で特別展を開催中 県宝「信濃国飯田城絵図」ほか飯田藩伝来の宝物並ぶ

9月24日土曜日13:18

【飯田市】黒田大明神原の竪穴住居や出土品を見学 縄文と弥生の集落同地点に

9月24日土曜日13:04




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞