大鹿村 リニア残土活用が本格化 7月上旬から搬出へ

リニア中央新幹線

[ 2018年 6月 1日 金曜日 15時53分 ]

村交流センターで開かれた懇談会

 リニア中央新幹線南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の建設工事を巡り、JR東海は、作業用トンネル坑口「小渋川非常口」(大鹿村上蔵(わぞ))から出る掘削残土を7月上旬にも村総合グラウンドと、村歴史民俗資料館「ろくべん館」前の河川敷へ運び出すことが分かった。いずれも村が残土を使って整備する計画で、公共事業への活用は初。5月31日に開いた住民との懇談会の中で明らかにした。

 村によると、容量は総合グラウンドが10万立方メートル、ろくべん館前が4500立方メートル。工事用車両の迂回(うかい)路の整備や道路改良など残土の活用は始まっている。

 小渋川非常口(1・1キロ)は500メートル程度掘り進み、坑口から出た土は隣接地に仮置きしている。

 仮置きを含めると村内は9カ所に残土置き場ができ、これまでのところ用地の容量は計50万立方メートル程度。最終置き場となる旧宿泊施設「荒川荘」(釜沢)一帯は3万立方メートルを見込む。このほか残土の活用先として、県道松川インター大鹿線沿いの「半の沢」(中川村)、小渋川への土砂流出の防止策として鳶ケ巣(とびがす)沢(上蔵)も候補地となっている。

 南アトンネル掘削で大鹿村から出る残土は300万立方メートル。JRは村内に仮置きした後、大半を改良工事完了後の県道松川インター大鹿線を使って村外へ運び出す。

 村とJRが開いたこの日の懇談会で、工事用車両が通る国道152号の影響対策として、小渋川左岸の迂回路を6月1日から運用すると報告があった。

 JRは当初、小渋川と青木川に計3つの橋を架けて大西公園下などを通る迂回ルートを計画していたが、出水などによって完成した仮設橋は中間部の1本のみ。北側の仮設橋は建設中で、南側の仮設橋は着工できていない。このため既設の2つの橋(大西桜橋、新小渋橋)を使って暫定的に迂回路を通る。JRは「年度内のできるだけ早い時期に全線迂回ルートに切り替える」とした。

 通行する工事用車両は、現在152号を通る台数と同じ1日最大68台。残土運搬車両も含まれる。通行時間は午前8時~午後7時。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48

【飯田市】佐藤健飯田市長 就任1年目の市政経営を振り返る

10月13日水曜日15:59

【飯田市・下伊那】緊急事態宣言解除で体験型教育旅行の受け入れが本格化

10月12日火曜日15:45

【天龍村】天龍村の村指定無形民俗文化財「満島神社の秋祭り」開催

10月12日火曜日15:03

【売木村】200キロを走るウルトラマラソン大会を初開催 累計標高差4000メートル超の山岳コースに挑む

10月9日土曜日14:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞