水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

リニア中央新幹線

[ 2018年 9月 22日 土曜日 14時13分 ]

全村民向けに行われた説明会

 リニア中央新幹線伊那山地トンネル「青木川工区」の着工に向け、JR東海は21日夜、作業用トンネル(非常口)ができる大鹿村の全村民を対象にした説明会を村交流センターで開いた。村民からは水枯れ対策や残土処分に懸念の声が上がった。同社は工事説明会でのやりとりを踏まえ「理解を深めていただいた」とし、工事に向けた手続きを進める考えを示した。

 青木川工区は、大鹿村―豊丘村の伊那山地トンネル(15・3キロ)のうち大鹿村内で東側の約3・6キロと非常口からなる。山腹から作業用トンネルを豊丘村方面の本線に向かって約600メートルほど掘り、到達点から大鹿村方面へ本線を掘り進める。

 8月29日に坑口周辺の住民を対象に行った工事説明会に続き、JRは全村民向けに説明の場を設けた。

 古谷佳久担当部長らが出席。工事説明会と同様に、トンネルの施工手順、工事用車両の運行計画と安全対策、環境保全について説明した。

 住民ら約60人が参加し、質疑応答では工事による減渇水後の対応や残土処分に関する質問が相次いだ。観光への影響を心配し、土曜の休工を求める声も出た。

 JR側は、工事による減渇水が認められた場合は住民生活に影響がでないよう応急処置を施すといい、住民の意見を聞きながら恒久対策を行う方針。

 作業用トンネルからは約65万立方メートルの残土が出る。残土は仮置き後、青木川上流にある残土置き場候補地の深ケ沢(7~8万立方メートル)に埋めるほか村総合グラウンドの整備などに活用する。松川町の候補地へも運び出す計画だが、まだ決定していない。

 早ければ10月から道路改良工事に着手し、来年1月ごろから非常口工事のヤード整備に入る。作業用トンネルの掘削は来年夏ごろから。掘削は3カ月ほどで完了する見通しで、本坑の掘削開始は来年の冬ごろになる。

 1ヘクタールの工事ヤードには残土の仮置き場や濁水処理施設、防音タイプの重金属判定用土砂ピットなどを備え、環境保全対策として周囲に仮囲いと防塵ネットを設置する。仮置き場の容量は2万立方メートル。

 工事時間帯とトンネルの工法は、最難関工事とされる南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)と同じ。トンネル掘削は昼夜の発破を基本とする。重機を使って掘削し、防音壁の設置後に発破掘削を行う計画で、騒音や振動を測定するなど影響を確認しながら夜間の発破を開始する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04

【阿智村】治部坂高原でキバナコスモスが見頃 100万本の花がゲレンデをオレンジ色に彩る

8月9日火曜日15:21

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56

【飯田市】飯田風越高校の生徒有志が投票率向上へ呼び掛け 「飯田下伊那100計画」復活めざす

8月4日木曜日15:38

【飯田市】地元ミュージシャンやバンド出演の屋外音楽イベント「並木横丁GO GO MUSIC FESTIVAL」6日に開催へ

8月3日水曜日16:10




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞