リニアめぐり知事とJR東海社長会談

リニア中央新幹線

[ 2017年 1月 24日 火曜日 15時17分 ]

002JR

 リニア中央新幹線計画をめぐり、阿部守一知事とJR東海の柘植康英社長は23日、都内の県東京事務所で「トップ会談」を行った。残土発生土置き場の安全性確保を求めた知事に対し、柘植社長は埋め立て後の維持管理について「責任を持って対応することを念頭に検討する」と回答。「管理は地権者」としてきた従来の方針を転換し、地元が求める将来的な管理も視野に検討する考えを示した。

 同社はこれまで「発生土は有効な資源」などの観点から、埋め立て後は地権者に土地を返し、その後は管理に関わらない姿勢を示していた。

 会談は冒頭以外非公開とし、約1時間にわたって行った。

 知事は1961年の三六災害の被害を受けた経過も踏まえて安全性への不安を募らせる住民の声を伝えて、「発生土置場の安全性確保について、しっかりした取り組みをお願いしたい」と求めた。この際、一部から出ている土地の買い上げによる永続的な管理にも言及したという。

 終了後、取材に応じた知事は、柘植社長の発言を「こまれでより踏み込んだ発言だった」と評価。それ以上の具体的な言及はなかったとし、「将来的な維持管理の対応ややり方はいろいろある。JR東海の方針を待ち、必要があれば県からも意見を出したい」と語った。

 残土の安全管理をめぐっては、リニア建設促進長野県協議会が昨年11月、総会で工事完了後の管理責任について配慮を求める決議を採択し、同社に提出していた。

 会談では、柘植社長から、残土の運搬路について「地域から改良の要請が出ている。道路管理者として連携してほしい」とする要望があったという。

 知事は「松川インター大鹿線の改良(の経験)を踏まえ、他の道路も必要な部分はしっかり対応する」と述べた。

 知事は他に、JRの現地体制の強化、地域振興策への協力も要請した。

 体制の強化は「現地の人員不足により、地域との協議や地元対応に遅れが生じ、信頼関係を構築できずにいる」とする市町村の声を踏まえた。

 地域振興は「柘植社長からJR東海を挙げて取り組んでいきたいという力強い発言があった」(知事)という。

 冒頭、柘植社長は「開業後は長野県の振興にも貢献したい」と強調。会談では、ことしで全線開業80周年となる飯田線について触れ、「地元と一緒に盛り上げたい」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48

【飯田市】佐藤健飯田市長 就任1年目の市政経営を振り返る

10月13日水曜日15:59

【飯田市・下伊那】緊急事態宣言解除で体験型教育旅行の受け入れが本格化

10月12日火曜日15:45

【天龍村】天龍村の村指定無形民俗文化財「満島神社の秋祭り」開催

10月12日火曜日15:03

【売木村】200キロを走るウルトラマラソン大会を初開催 累計標高差4000メートル超の山岳コースに挑む

10月9日土曜日14:43

【飯田市】菱田春草の没後110年特別展が始まる 「黒き猫」をはじめ珠玉の名画が一堂に

10月9日土曜日14:17

【飯田市】佐藤市長が信大学長に新学部誘致の意向伝える

10月8日金曜日16:29

【阿智村】上清内路諏訪神社で江戸時代から続く伝統煙火奉納

10月8日金曜日16:11

【飯田市】高校生対象にライフデザインセミナー 「地元で子育てを考えてくれたらうれしい」

10月7日木曜日15:28








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞