大鹿村リニア残土 旧荒川荘に本置き JRが環境保全計画示す

リニア中央新幹線

[ 2018年 2月 22日 木曜日 16時43分 ]

 JR東海のリニア中央新幹線計画で同社は21日、大鹿村釜沢地区の旧荒川荘周辺の残土置き場計画地で実施した環境調査結果と保全計画の報告書を公表し、県や村に送付した。残土を最終処分する飯田下伊那地域の本置き場の候補・計画地のうち、保全計画までを示したのは初めて。「保全措置を確実に実施することで、影響の回避、低減が図られる」とし、来年度初めから最長で2019年度まで土を搬入して埋め立てる考えを示した。

 南アルプストンネル長野工区の除山非常口近く、県道赤石岳公園線沿いで、約4400平方メートル。除山と釜沢非常口から出る約3万立方メートルの残土を運び、高さ約15メートルの盛り土にする。土地は工事後、地権者に返還する計画で、上部の一部を県道拡幅に利用する。

 一時使用の仮置き場と位置付けて本置きの可能性を探る村内の他の候補・計画地と異なり、当初から恒久利用を計画してきた。

 報告書は、新たに実施した調査や近くの仮置き場で行った結果も踏まえ、水や土壌、動植物、生態系、景観などへの影響の評価と保全対策をまとめた。

 地滑り地形に位置しているが、「地形の末端で、盛土を設置することで滑動に対して抑制的に働くと考えられる」「滑動を助長するような堆積物は撤去する」と記載。大地震を想定した土地の安定計算の結果も示し、「安全性が確保されることを確認した」と記した。

 動植物では、県のレッドリストで絶滅危惧げたⅡ類に指定されるシダ植物「トキワトラノオ」の自生が近くで確認され、工事中の潅水や工事後の植林による現状回復などを保全策に挙げた。

 3月に県環境影響評価技術委員会が審議する。JRは支障物の撤去などの準備工事を4月から始めたい考え。

 大鹿村内の工事で発生する残土は約300万立方メートルで、大半は村内に仮置き後、村外に運ぶ。村内の本置き場は現在、旧荒川荘の他、村営グラウンドなど他の3カ所で計画されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【リニア中央新幹線】長野県内初、伊那山地トンネル青木川工区の本線用トンネル掘削を開始

9月22日水曜日16:15

【飯田市・喬木村】4社がフィットネス市場に向け半生菓子を発売「トレーニングに最適」

9月22日水曜日15:36

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞