「“村鳥さん”お帰りなさい」 天龍村へブッポウソウわたる

地域の話題

[ 2010年 5月 17日 月曜日 15時52分 ]

 国の天然記念物で絶滅危惧(きぐ)種のブッポウソウが、ことしも天龍村にわたり、各所で美しい姿を見せている。ブッポウソウは近く繁殖期に入ると見られるため、村は巣箱などへの不用意な接近を避けるよう呼び掛けている。

 村鳥に指定して保護活動を続けている同村に、ことしもブッポウソウがわたった。3日に初確認。現在は天龍小学校の生徒たちが架けた巣箱に素材を運び込む姿が各所で見られている。

 今月末から来月上旬にかけてひながかえり、以降は頻繁に給餌をする親鳥の献身的な姿が見られるようになる。

 ブッポウソウは、夏鳥としてユーラシア大陸からわたる。ハトより少し小さく、青緑色の長くてしなやかな翼が特徴で、飛翔昆虫類を空中で捕食するため、高木や高い橋脚がある場所を好む傾向がある。

 県内では飯田下伊那地域や北信の一部など、限られた地域でしか姿を見ることができず、レッドデータブックに登録されている。

 コノハズクという小型のフクロウの鳴き声「ブッ、ポウ、ソウ(仏法僧)」が名前の由来の1つとされる。その声があまりにも優美なため、容姿が美しいブッポウソウのものに違いないとの勘違いから名付けられたという。本当の鳴き声は「ゲッ、ゲッ、ゲッ」。一方、コノハズクの容姿はブッポウソウに遠く及ばない。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【天龍村】天龍村坂部地区で伝統の柚餅子加工始まる「伝統食を残そう」NPOが継承

11月26日土曜日13:24

【飯田市】千代小学校生徒が地区内の窯で炭焼き体験 地域住民も協力する恒例の行事

11月26日土曜日13:08

【飯田市】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

11月25日金曜日16:28

【天龍村】米ミドルベリー大の留学生がユズ収穫体験 柚餅子通じて日本の農村文化学ぶ

11月25日金曜日16:28

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州で市田柿の出荷始まる「糖度高く、品質上々」

11月24日木曜日15:17

【下條村】伝承300年の節目祝う熱演におひねり 下條歌舞伎の定期公演が3年ぶりに通常開催

11月24日木曜日15:00

【飯田市】佐藤健市長が市議会定例会本会議で市長就任2年経過に言及「将来に向けた下ごしらえはできた」

11月22日火曜日16:34

【飯田市】伊賀良まちづくり協議会が沢城湖の整備検討へウオーキング開催 住民ワークショップの初回として現地散策

11月22日火曜日16:12

【飯田市】飯田下伊那を拠点に活動するアーティストでつくる「おぶすなアートプロジェクト」が合同公演

11月21日月曜日15:57

【飯田市】かざこし子どもの森公園で子育て応援フェス「IKU×IKU2022」子どもの成長と子育て応援

11月21日月曜日15:17

グリムスパンキー ニュース 2022.11.20.

11月19日土曜日18:34

【飯田市・下伊那】「メダル獲得へ決意」県縦断駅伝に向け飯田下伊那チームを壮行会で激励

11月19日土曜日14:05

【飯田市・下伊那】南信州ご当地ナンバー創設推進協議会が発足

11月19日土曜日13:34

【高森町】松本山雅FC運営会社がホームタウンの高森北小学校に交通安全かるたを寄贈

11月18日金曜日16:11

【飯田市】「将来の地域産業支えて」OIDE長姫高の生徒が工事現場を見学

11月18日金曜日16:12




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞