「天竜舟下り」「山づくりの会」 竹いかだを燃料に利用

地域の話題

[ 2013年 11月 8日 金曜日 16時35分 ]

 飯田市の天竜舟下り(杉本忠社長)が間伐材のエネルギー利用を目指す阿智村のグループ「山づくりの会」(水上宗光会長)と連携し、竹の有効活用と竹やぶ整備に乗り出す。増え続ける渓谷の竹を伐採していかだを作り、役目を終えたいかだを給湯の燃料にする流れをつくる計画で、7日に「竹ボイラー」の燃焼実演を行った。

 全国的な傾向という竹の増殖は天竜川沿いでも顕著で、渓谷のモミジやサクラの成長も妨げるため、天竜舟下りはことしから伐採に乗り出し、竹の有効活用策としていかだを製作。企画室長で船頭の曽根原宗夫さんが中心となり、6~10月に月1回のいかだ下りイベントを開いてきた。

 曽根原さんは割れて浮力が落ちたいかだの処分方法や竹の活用を調べる中で、竹ボイラーを試験導入した山づくりの会、同じように竹の伐採に苦労している智里西地区の存在を知り、事務局の大藪政隆さんにフェイスブックから「竹いかだを燃料として使ってほしい」とアプローチ。考えが一致し、連携が決まった。

 この日は約70本の竹で作ったいかだ2つを弁天港で解体してから、智里西の住宅に試験導入されている県内製造の竹ボイラーで燃やし、風呂に使う150リットルの湯を沸かした。

 天竜舟下りは来シーズンから、竹の伐採といかだ作り・川下り体験を「グリーンエコツーリズム天竜イカだ祭り」として商品化し、都市部の企業などに社員研修として売り出す計画があり、竹いかだは数多く作られる見込み。

 伐採した竹は肥料として活用する計画もあり、二者は渓谷や森林の整備に加え、里山全体の整備に活動を広げていくという。

 曽根原さんは「人が通れないほどはびこった竹の林は自然美とは言えない。多くの人に関わってもらい、面白い体験を入口に竹を伐採する必要性、有効利用に理解を深めてもらえたら」、大藪さんは「竹は他の木を絶やすほどの勢いがある。協力の輪をさらに広めたい」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【阿智村】村の魅力再認識、阿智☆昼神観光局が村内一斉ライトダウンイベント開く

11月29日火曜日15:02

【飯田市】日本一の焼肉のまちの発信拠点「信州飯田焼肉研究所」がオープン

11月29日火曜日15:48

【飯田市】南信州アルプスフォーラムが勉強会 リニア長野県駅開業に向け、明大・佐々木教授が助言

11月28日月曜日16:44

【飯田市】「お祭り気分を子どもたちに」南信州屋台フェス開催、ダンスや音楽のパフォーマンスも

11月28日月曜日15:38

【天龍村】天龍村坂部地区で伝統の柚餅子加工始まる「伝統食を残そう」NPOが継承

11月26日土曜日13:24

【飯田市】千代小学校生徒が地区内の窯で炭焼き体験 地域住民も協力する恒例の行事

11月26日土曜日13:08

【飯田市】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

11月25日金曜日16:28

【天龍村】米ミドルベリー大の留学生がユズ収穫体験 柚餅子通じて日本の農村文化学ぶ

11月25日金曜日16:28

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州で市田柿の出荷始まる「糖度高く、品質上々」

11月24日木曜日15:17

【下條村】伝承300年の節目祝う熱演におひねり 下條歌舞伎の定期公演が3年ぶりに通常開催

11月24日木曜日15:00

【飯田市】佐藤健市長が市議会定例会本会議で市長就任2年経過に言及「将来に向けた下ごしらえはできた」

11月22日火曜日16:34

【飯田市】伊賀良まちづくり協議会が沢城湖の整備検討へウオーキング開催 住民ワークショップの初回として現地散策

11月22日火曜日16:12

【飯田市】飯田下伊那を拠点に活動するアーティストでつくる「おぶすなアートプロジェクト」が合同公演

11月21日月曜日15:57

【飯田市】かざこし子どもの森公園で子育て応援フェス「IKU×IKU2022」子どもの成長と子育て応援

11月21日月曜日15:17

グリムスパンキー ニュース 2022.11.20.

11月19日土曜日18:34




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞