「天竜舟下り」「山づくりの会」 竹いかだを燃料に利用

地域の話題

[ 2013年 11月 8日 金曜日 16時35分 ]

 飯田市の天竜舟下り(杉本忠社長)が間伐材のエネルギー利用を目指す阿智村のグループ「山づくりの会」(水上宗光会長)と連携し、竹の有効活用と竹やぶ整備に乗り出す。増え続ける渓谷の竹を伐採していかだを作り、役目を終えたいかだを給湯の燃料にする流れをつくる計画で、7日に「竹ボイラー」の燃焼実演を行った。

 全国的な傾向という竹の増殖は天竜川沿いでも顕著で、渓谷のモミジやサクラの成長も妨げるため、天竜舟下りはことしから伐採に乗り出し、竹の有効活用策としていかだを製作。企画室長で船頭の曽根原宗夫さんが中心となり、6~10月に月1回のいかだ下りイベントを開いてきた。

 曽根原さんは割れて浮力が落ちたいかだの処分方法や竹の活用を調べる中で、竹ボイラーを試験導入した山づくりの会、同じように竹の伐採に苦労している智里西地区の存在を知り、事務局の大藪政隆さんにフェイスブックから「竹いかだを燃料として使ってほしい」とアプローチ。考えが一致し、連携が決まった。

 この日は約70本の竹で作ったいかだ2つを弁天港で解体してから、智里西の住宅に試験導入されている県内製造の竹ボイラーで燃やし、風呂に使う150リットルの湯を沸かした。

 天竜舟下りは来シーズンから、竹の伐採といかだ作り・川下り体験を「グリーンエコツーリズム天竜イカだ祭り」として商品化し、都市部の企業などに社員研修として売り出す計画があり、竹いかだは数多く作られる見込み。

 伐採した竹は肥料として活用する計画もあり、二者は渓谷や森林の整備に加え、里山全体の整備に活動を広げていくという。

 曽根原さんは「人が通れないほどはびこった竹の林は自然美とは言えない。多くの人に関わってもらい、面白い体験を入口に竹を伐採する必要性、有効利用に理解を深めてもらえたら」、大藪さんは「竹は他の木を絶やすほどの勢いがある。協力の輪をさらに広めたい」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞