「遠山川」を観光資源に

地域の話題

[ 2021年 7月 3日 土曜日 13時11分 ]

 飯田市の遠山郷に在住する若者有志でつくる「遠山郷探検隊」(伊藤誠智代表)は3日、遠山川での川遊びアクティビティのオープニングセレモニーを、道の駅「遠山郷」で開いた。来年度の事業化に向け、本年度は小中学生らを対象にラフティングなどの体験教室を計画。遠山郷の新たな観光資源として、地域経済の活性化や雇用の創出を狙う。

 「小学校の遠山川での総合学習をきっかけに、川が好きになった」という伊藤さん(25)。父親の影響で中学生の頃からラフティングに関わりを持つようになり、短大時代にはガイドの研修を受けた。

 地元で自動車整備の仕事に就くかたわら、「川の魅力や川遊びの楽しさを子どもたちに伝えたい」と、2018年から園児や小学生を対象とした川遊びの安全教室をスタート。20年には「自分の好きな地域で好きなことを仕事にしたい」と、小中学校の同級生らと探検隊を結成し、安全教室の他、地域のゲストハウスとの連携による沢登りツアーやラフティング体験などの企画運営を行った。

 「遠山郷で暮らし、仕事をしたい」という若者の思いを応援しようと、南信州山岳文化伝統の会が活動を支援。県みらい基金を活用した、ラフティングボードやヘルメット、ライフジャケットなどの装備品整備や研修費用の助成をサポートした。

 同会顧問の大蔵喜福さん(70)は「若者らの地域で暮らし続けたいという強い思いに賛同した。山と川、遠山郷の自然を生かした観光事業で、一緒に地域を盛り上げていきたい」と話した。

 伊藤さんは「仕事がないから戻ってこれないという声をよく聞くが、仕事は自分たちで創り出せるということを示したい。川遊びを通じ、子どもたちに遠山郷の素晴らしさを伝えられたら」と力を込めた。

 ラフティングコースは遠山川下流、天龍村との境付近の約2.5キロで設定。激しい流れはなく、保育園児から大人まで楽しめるのが特長という。

◎写真説明:セレモニーでボートに試乗する参加者ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】市消防団が防災功労者内閣総理大臣表彰「昨年7月豪雨で人命の安全確保と被害軽減に尽力」

9月21日火曜日15:36

【飯田市】「SDGs身近に」田畑茶舗が期限切れのお茶をほうじ茶にする「息吹茶サービス」を開始

9月21日火曜日15:38

【長野5区】衆院任期満了まで1カ月、日程不透明も与野党の動き活発

9月20日月曜日13:58

【飯田市】和田諏訪神社で御柱祭に向けて用材伐採「斧入れ式」

9月20日月曜日13:33

【飯田市】飯田商工会議所が飲食店応援プロジェクト「いいだHappy Eats」始動

9月18日土曜日13:37

【飯田市】飯田署が動物園に委嘱状を交付

9月18日土曜日13:40

【阿南町】阿南高校生が「鈴ケ沢なす」や「鈴ケ沢南蛮」など伝統野菜見学

9月17日金曜日15:28

【飯田市】美術博物館が菱田春草子ども向け鑑賞ガイド作成

9月17日金曜日15:24

【飯田市】保護猫ふれあいハウスかぎしっぽが閉店へ

9月16日木曜日16:28

【飯田下伊那】からあげグランプリ決勝大会開催へ

9月16日木曜日16:52

【飯田市】風越高生徒有志らが駅前プラザ活用プロジェクト

9月15日水曜日15:50

【大鹿村】観光協会が電動自転車試乗会開く

9月15日水曜日15:12

【飯田市】コロナ感染症対策第10弾を発表

9月14日火曜日15:08

【阿智村】村長らが高齢者の祝賀訪問

9月14日火曜日15:32

【売木村】飯伊に「スポーツの秋」

9月11日土曜日13:45








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞