【喬木村】松茸研究会がマツタケの「シロ」人工造成へ 安全、安定的にマツタケ採取を

地域の話題

[ 2022年 10月 18日 火曜日 15時05分 ]

 マツタケの収穫量が減少傾向にある中、自然任せから保護管理する農業型に移行することで、マツタケ採取を楽しむ文化の持続化や産業振興を図ろうと、喬木村の村民有志ら12人でつくる「松茸研究会」(池上和利会長)が「シロ」の人工造成に取り組んでいる。

 2019年に村内で開かれた、マツタケ専業で生計を立て「松茸博士」として知られる藤原儀兵衛氏(伊那市)の講演をきっかけに、藤原氏のマツタケ山づくりに関心を高めた有志らが20年に発足。藤原氏のもとを視察に訪れ、人工的にシロを造成する「根切り法」を学び、村や林野庁の補助金を活用しながら実践を始めた。

 シロはマツタケの本体である菌糸とアカマツの根が一緒になった塊。地中で輪状に広り、マツタケはこのシロに沿って生える。根切り法は、春に地表に堆積した落ち葉を取り除いた後、アカマツの根を切って新しい根が出るのを促し、秋に他の場所で採取したマツタケの開きを新しい根の元に24時間植えておくことで、根に菌が付き、新しいシロができるというもの。シロができるまでには5年ほど掛かるという。

 同研究会では、管理が不十分となっている山林を地主から借り受け21年に試行。以前はマツタケが採れていたものの近年は採れなくなっている場所を中心に、今年は2つの山計14カ所で行い、来年以降さらに増やしていく計画だ。

 同研究会の原一樹さん(69)は、間伐材や落ち葉など、かつては暮らしの中でエネルギーとして活用していたものが使われなくなり、人が山に入らなくなったことがマツタケの減少につながっていると指摘。「落ち葉が堆積しにくい山奥の急傾斜地ばかりで採れるようになり、事故の増加にもつながっている。人工的に身近な里山にシロが確保できれば、安全に安定的にマツタケの採取を楽しむことができる」と期待する。

 実績を上げ手法が確立できた際には、村や財産区など他のマツタケ関係者との連携を深め、現在は有志で行っている活動を広く普及させたい構え。「イチゴに次ぐ村の代表的な農産物にしたい」とし、リニア中央新幹線の開通を見据え、都市部の需要に応えられるマツタケ観光の振興を目指す。

◎写真説明:新根の元にマツタケを植える会員

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】回復傾向も「依然厳しい」 公共交通改善市民会議が上半期輸送実績を報告

2月4日土曜日14:35

【平谷村】雪上の遊びを満喫 平谷高原スキー場で3年ぶりの「珍珍幕府冬の陣」開催

2月4日土曜日14:04

【飯田市】第38回ムトス飯田賞が決定 「平和の種」と「アップルサンタ」の2団体が受賞

2月3日金曜日15:16

【飯田市】権現山白山社などで祈祷や豆まき 1年の平穏を願う節分行事

2月3日金曜日15:20

【飯田市・下伊那】飯田南道路23年度の事業化向け期成同盟会が国に要望書

2月2日木曜日15:46

【飯田市・下伊那】県立高校入学試験の前期選抜が県内一斉に実施 飯伊は578人が面接臨む

2月2日木曜日15:23

【飯田市】龍江の今田平でイチゴ狩りがオープン 龍江小児童が収穫体験

2月1日水曜日15:15

【飯田市】信州黄金シャモの魅力発信 下農高畜産部が飲食店とラーメン共同開発

2月1日水曜日15:27

【阿南町】マイナンバーカード取得促進へ独自施策 3月末まで申請に商品券給付

1月31日火曜日15:16

【飯田市】上下水道料金値上げの諮問内容を協議 改定時期「10月~来年4月の間」

1月31日火曜日15:24

【長野県・飯田市・下伊那】県議選告示日まであと2カ月

1月30日月曜日15:27

【飯田市】10店舗からお気に入りの1本を 座光寺のエス・バードでシードル試飲販売会

1月30日月曜日15:54

日本の伝統文化に関心のある旅行者向けツアーの造成を目指す 飯田市内でファムツアー

1月28日土曜日13:10

千代小学校の6年生が旧満州開拓団慰霊碑の維持管理活動

1月28日土曜日13:31

【松川町】小渋第3発電所の大規模改修へ向けた起工式 「学びの場」「観光の場」づくりも

1月27日金曜日16:02




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞