【阿南町】国交省天竜川上流河川事務所が地すべり対策事業の着工式開く

地域の話題

[ 2021年 11月 29日 月曜日 15時31分 ]

 国土交通省天竜川上流河川事務所は27日、阿南町東條開窪地区で実施する地すべり対策事業の着工式を、同町民会館で開いた。2038年度までを事業期間とし、同地区と天龍村平岡、中井侍の3地区で行う事業の一環。開窪地区では地すべりの要因となる地下水を取り除くため、直径3・5メートル、深さ10~60メートルの集水井(せい)14基の設置などを行う。

 建物や宅地など地すべりの直接的な被害に加え、天竜川への土砂流入に伴う河道閉塞による上流域の水没や決壊で、下流域で氾濫が発生するリスクを低減させるために実施する。

 開窪地区では07年に、地表から浅い箇所で地すべりが発生して県が対策を実施。その後の国の調査でさらに深い箇所に地すべりが起こりやすい地質があることが判明した。18年度に国直轄事業として対策工事を行うことが決まった。

 本年度は集水井4基の設置などを計画し、工事は9月にスタート。これまでに3基の掘削が完了している。式典後には現地視察を行い、工事の進ちょく状況を確認した。

 式典で勝野一成町長は「町内では、過去から多くの地すべりが発生し対策を施してきたが、町民の不安を払拭(ふっしょく)するには至っていない。国直轄による大規模な事業により、大地震やゲリラ豪雨などの災害に耐え得る地域になることを期待する」と話した。

 天龍村平岡地区では今年3月末に着工式を行い、本年度から地下水を排除するための横ボーリング工などが行われている。中井侍地区では着工に向けた準備が進む。3地区合わせた総事業費は約195億円。

◎写真説明:現地視察を行う勝野町長ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】東野大獅子保存会がお練りまつりに向け準備 獅子舞の屋台部分などに使う竹の加工作業

1月24日月曜日16:10

【平谷村】ほっとパークひらや郷でアイスキャンドル 親子連れらが幻想的な明かり楽しむ

1月24日月曜日16:34

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞