【飯田市】日本なし未来につなぐ「産地再生プロジェクト」が農業者と意見交換会

地域の話題

[ 2022年 7月 14日 木曜日 15時37分 ]

 さまざまな課題を解決し「日本なしの産地」を未来につなげていこうと取り組む「南信州日本なし産地再生プロジェクト」は13日、若手農業者との意見交換会を飯田市鼎東鼎のJAみなみちゃんホールで開いた。プロジェクト計画に、地域を担う若手の意見を反映させる。

 同プロジェクトは、生産者や農業関係団体、行政の連携により6月30日に発足。担い手確保や栽培上の課題、ブランド構築などの課題を解決し、日本なしの産地を再興させようと狙う。

 本年度は若手農業者の意見聴取や栽培意向調査などを参考に計画を策定し、来年度から5年間かけて本格的な活動に取り組む。

 意見交換会には、地域の20代から50代の日本なしの生産者30人ほどが参加。プロジェクト事務局の県南信州農業農村支援センターの佐々木直人所長は「改植が進まず生産力が低下している一方、価格は堅調だ。歴史ある産地、重要な品目として産地を再構築したい。魅力ある産地づくり、稼ぐ力の向上につなげよう」とあいさつした。

 意見交換では、栽培上の課題や生産者を増やす方法、産地としてのPR方法などについて意見を交わした。ジョイント栽培は、作業の省力化に効果があるものの、改植に初期投資が必要な上、成園までは何年も収入を得られない状態が続くといった課題がある。

 「成園まで収入の何%かを補てんする仕組みがほしい」「高齢化で手放された老木園を、改植した上で新たな担い手に貸し出す仕組みを作っては」などの意見が出た。

 また、長野県が日本なしの産地としての知名度が弱いため、選ばれる産地となるようブランド力の向上が必要だとの意見もあった。

 参加した同市北方の北林祐也さん(39)は「課題は多いが、産地を盛り上げようという同世代の話を聞き、自分も負けていられないとモチベーションが高まった」と話した。

◎写真説明:日本なし栽培へ意見交換

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【高森町】まちづくりプラン達成度の評価会議を一般公開 内部と外部2つの視点で分析

8月18日木曜日15:39

【泰阜村】ウクライナ支援「平和の種プロジェクト」で配布されたヒマワリが見ごろ

8月18日木曜日15:10

【天龍村】向方地区の「かけ踊り」が16年ぶりに復活 懐かしい光景に感慨ひとしお

8月17日水曜日15:35

【泰阜村】村長選で再選を果たした横前明氏が初登庁 2期目も子育て支援柱に掲げる

8月17日水曜日15:51

【阿南町】「新野の盆踊り」3年ぶり開催 商店街に盆唄響く

8月15日月曜日13:27

【阿南町】「和合の念仏踊り」始まる 掛け声とともに激しく飛び跳ねる

8月15日月曜日13:36

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞