【飯田市】親子で七草摘みやたたき体験 伝統行事を知ってもらう新春講座

地域の話題

[ 2022年 1月 8日 土曜日 13時50分 ]

 飯田市川路の天竜川総合学習館かわらんべは8日、七草を摘み、たたく体験講座を開いた。約50人が参加し、親子で七草を探しに出掛け、唱え歌に合わせて包丁でたたいた。

 七草は▽セリ▽ナズナ▽ゴギョウ(ハハコグサ)▽ハコベラ▽ホトケノザ(コオニタビラコ)▽スズナ(カブナ)▽スズシロ(ダイコン)―の7つ。七草を入れたおかゆを年神様に供え、一緒に味わって一年の無病息災を祈る。

 正月の伝統行事を知ってもらおうと毎年開いている新春講座。地域の女性住民5人が協力員としてサポートし、見つけにくい七草を事前に採ってきた。

 当初は七草がゆを作る予定だったが、コロナの警戒レベル上昇で急きょ内容を変更。かゆの調理を取りやめ、唱え歌も聞くだけにした。

 参加者は2班に分かれ、摘み草とたたいて刻むのを交互に体験。七草摘みでは同館近くの野原に出て、ハコベラとナズナを探した。冬の寒空の中緑色に生える2つの草を見つけると、手でつまんだり、シャベルで掘ったりして摘み取った。

 七草を刻む体験では7つの植物を混ぜて保護者がざっくり刻み、子どもたちが唱え歌に合わせてたたいた。「七草なずな とうどの鳥が 日本の国へ 渡らぬ先に あわせてばたばた」の唱え歌を聞きながら、リズミカルに包丁を動かしていた。刻んだ七草は各自持ち帰った。

 親子5人で参加した上郷小学校5年の児童(11)は「唱え歌は知らなかったけど、合わせてたたいてみたら楽しかった。どんな味になるか、家族でおかゆにして食べてみたい」と話していた。

◎写真説明:唱え歌に合わせ七草をたたく子どもたち

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56

【飯田市】飯田風越高校の生徒有志が投票率向上へ呼び掛け 「飯田下伊那100計画」復活めざす

8月4日木曜日15:38

【飯田市】地元ミュージシャンやバンド出演の屋外音楽イベント「並木横丁GO GO MUSIC FESTIVAL」6日に開催へ

8月3日水曜日16:10

【泰阜村】任期満了に伴う泰阜村長選 現職の横前明氏が無投票再選

8月3日水曜日15:59

【泰阜村】村長選が告示、現職横前氏が立候補を届け出 無投票再選となる見通し

8月2日火曜日15:19

【松川町】交流センターみらいにイラストレーターの326さんがデザインしたカーテンを設置

8月2日火曜日15:26

【飯田市】飯田商工会議所下久堅支部の「コロナに負けるな!応援花火」 地域の元気と新型コロナの収束願い

8月1日月曜日15:20

【松川町】「火事が発生しないよう呼び掛けたい」松川町少年少女消防クラブの結成式

8月1日月曜日15:32

【泰阜村】村長選告示まであと3日、出馬表明は現職横前氏のみ 村議補選は新人1人が立候補

7月30日土曜日13:38

【飯田市】地域通貨導入へ実証実験 QRコード決済、プレミアム率20%「電子商品券」

7月30日土曜日13:21

【豊丘村】ウクライナ人女性4人、とよおかマルシェでボルシチとピロシキのキッチンカー販売

7月29日金曜日16:30




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞