みんなができる森林活用 阿智村「きらめ樹部」が始動

地域の話題

[ 2018年 6月 28日 木曜日 15時41分 ]

皮むき間伐を体験する

 皮むき間伐による森林づくりに取り組もうと、阿智村で村づくり委員会「きらめ樹(き)部」(田村沙織代表)がスタートした。27日には、NPO法人森の蘇り(大西義治理事長)=静岡県富士宮市=を講師に体験会を開催。女性や子どもでもできる手軽な間伐に取り組んでいく。

 きらめ樹は、皮むき間伐の愛称。樹木の皮をはいで1年間放置し、立ち枯れと同時に乾燥を行う。その後、伐採して材として販売。収益につなげ、継続的な森林づくりを目指す。森の蘇りにより、九州から東北まで各地で活動が展開されている。

 体験会には地域の女性を中心に10人余が参加。前半は森の蘇りの難波清芽さんを講師に座学で森林の状況を学んだ。全国の人工林の多くは手が入らず、細い木が密集し根が弱い状態にある。

 難波さんは「間伐で日が当たるようにすることで広葉樹が生える森になる。自然の広葉樹はしっかりとした根を張り防災の森になる」と話した。また、輸入木材の原料として東南アジアの熱帯雨林が破壊されていることや、国産材を使った在来建築の大切さを学んだ。

 後半は智里東の大沢地籍で実際の選木や皮むき間伐を体験。50平方メートル内にある12本のヒノキの直径を計り、良質な材になるもの4本を選んで残すことにした。

 間伐する木にはのこぎりで切込みを入れ、掛け声とともに皮を引っ張った。気持ちよく皮がはがれ、つるつるの木肌がむき出しになった。1年乾燥させた後、様子を見て数本ずつ搬出していく。

 代表の田村さん(34)は「誰でも楽しくできる間伐。山の所有者に関心を 持ってもらいながら細く長く続けたい」。地域おこし協力隊の二川舞香さん(36)は「子どもたち向けにも体験の機会を提供したい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【天龍村】天龍村坂部地区で伝統の柚餅子加工始まる「伝統食を残そう」NPOが継承

11月26日土曜日13:24

【飯田市】千代小学校生徒が地区内の窯で炭焼き体験 地域住民も協力する恒例の行事

11月26日土曜日13:08

【飯田市】南信州・飯田産業センターが福島イノベ機構と次世代空モビリティの発展へ連携協定

11月25日金曜日16:28

【天龍村】米ミドルベリー大の留学生がユズ収穫体験 柚餅子通じて日本の農村文化学ぶ

11月25日金曜日16:28

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州で市田柿の出荷始まる「糖度高く、品質上々」

11月24日木曜日15:17

【下條村】伝承300年の節目祝う熱演におひねり 下條歌舞伎の定期公演が3年ぶりに通常開催

11月24日木曜日15:00

【飯田市】佐藤健市長が市議会定例会本会議で市長就任2年経過に言及「将来に向けた下ごしらえはできた」

11月22日火曜日16:34

【飯田市】伊賀良まちづくり協議会が沢城湖の整備検討へウオーキング開催 住民ワークショップの初回として現地散策

11月22日火曜日16:12

【飯田市】飯田下伊那を拠点に活動するアーティストでつくる「おぶすなアートプロジェクト」が合同公演

11月21日月曜日15:57

【飯田市】かざこし子どもの森公園で子育て応援フェス「IKU×IKU2022」子どもの成長と子育て応援

11月21日月曜日15:17

グリムスパンキー ニュース 2022.11.20.

11月19日土曜日18:34

【飯田市・下伊那】「メダル獲得へ決意」県縦断駅伝に向け飯田下伊那チームを壮行会で激励

11月19日土曜日14:05

【飯田市・下伊那】南信州ご当地ナンバー創設推進協議会が発足

11月19日土曜日13:34

【高森町】松本山雅FC運営会社がホームタウンの高森北小学校に交通安全かるたを寄贈

11月18日金曜日16:11

【飯田市】「将来の地域産業支えて」OIDE長姫高の生徒が工事現場を見学

11月18日金曜日16:12




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞