コロナ禍での結束誓う

地域の話題

[ 2020年 9月 23日 水曜日 15時48分 ]

 飯田水引協同組合(岩原克典理事長)は「秋分の日」の23日、「飯田元結の祖」とされる桜井文七の供養祭を菩提寺の長昌寺(飯田市箕瀬町)で営んだ。地場産業として息づく水引の礎を築いた立役者の墓前で、コロナ禍での結束を誓った。

 同組合によると、1682(天和2)年に尾張(愛知県)の元結職人の家に生まれた文七は、上質な和紙を求めて来飯し、箕瀬町に居を構えて製法の改良に尽力。江戸に出店して販路を拡大し「飯田元結」(文七元結)の名を広めた。

 文七が世に知らしめた元結の原料となった和紙は、文七より少し前に美濃国(岐阜県)から来飯した紙すき職人の稲垣幸八が製造方法を確立し、飯田の職人に伝授した。

 文七は飯田に戻ってから後進を育て、寺の過去帳によると1753(宝暦3)年に72歳で死去した。

 元結はその後、水引の登場に伴い生産量が減少。現在は力士のまげ、歌舞伎や花嫁衣裳のかつらなどに使われている。同組合によると、日本相撲協会へ納入される元結は全て飯田産だという。

 供養祭は数年前から、和紙作りに貢献した幸八と、ブランド化と販売に尽力した文七の2人を供養する祭事になっている。

 文七の268回忌、幸八の264回忌となる今年の供養祭には、組合員12人が参列。本堂での読経後に墓参し、供養塔と墓碑に手を合わせた。

 岩原理事長は「新型コロナウイルスの影響がさまざまなことにおよんでいるが、儀礼用品を扱う私たちとしては縮小してもきちんと行う必要がある。水引は長い歴史の中で紆余曲折を乗り越えてきた。こういう時だからこそ結束し、文七と幸八のように業界の振興を目指したい」と話した。

◎写真説明:桜井文七の供養祭

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04

【阿智村】治部坂高原でキバナコスモスが見頃 100万本の花がゲレンデをオレンジ色に彩る

8月9日火曜日15:21

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞