ブッポウソウの飛来ルート解明

地域の話題

[ 2018年 6月 18日 月曜日 15時22分 ]

一部が判明した飛来ルート

 県天然記念物の渡り鳥「ブッポウソウ」の飛来ルートと越冬地確認に挑んでいる山階鳥類研究所(千葉県)研究員の仲村昇さん(45)が15日、天龍村を訪れ、衛星利用測位システム(GPS)内蔵の記録装置を取り付けたブッポウソウを捕獲して移動経路を確認したところ、カンボジア以南で越冬した可能性が高いことが分かった。途中、装置の電池切れで最終的な場所までには至らなかったが、東日本に生息する個体の一部ルート判明は国内初という。

 西日本に飛来するブッポウソウは、日本から約4000キロの東南アジアのボルネオ島などで越冬することが分かっている。一方、長野や新潟など東日本の個体の飛来ルートはいまだよく分かっていなかった。

 仲村さんは3年前から同村などを訪れ、ブッポウソウに緯度経度を推定できる記録装置を取り付け、翌年、捕獲してデータの解析作業に取り組んできた。

 現在、同村や飯田市南信濃、栄村、新潟県十日町で計17羽に装着。今年は15日に同村の巣箱で捕獲した4羽のうちの1羽で装置を確認し、データを取り出して解析した。

 それによると、昨年6月15日に装着後、9月13日に天龍村を飛び立ち、徳島県や熊本県を経由して中国大陸へ渡り、10月23日にカンボジアに至るまでの足取りがつかめた。国内では1日300~400キロ飛んだ計算。またヒナが巣立つ7月中には親鳥も同村を旅立っているものと思われていたが、9月まで村内にいたことも新たに分かった。

 今回のデータは電池切れで最終的な越冬地や往復ルートの解明はできなかったものの、仲村さんは「測定する指令の回数を減らせば越冬地まで電池が持つと思う」と予測。今回栄村と十日町では計3個の装置を新たに取り付けていて「カンボジアはまだ通り道。指令回数も変えたので、来年、うまくいけば全容が解明できるかもしれない」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】松尾寺所地区壮年会らが鳩ケ嶺八幡宮に奉納するしめ縄づくり 約9メートルのしめ縄3本を1本に

12月8日木曜日16:49

【高森町】下市田保育園で消防訓練 ジングルライダーも登場し園児らに防火ソングを披露

12月8日木曜日16:32

【飯田市】りんご並木70周年記念グッズが完成 飯田東中学校の生徒がデザイン

12月7日水曜日16:10

【高森町】JR東海がリニアのガイドウェイ側壁製作保管施設についての地元住民説明会

12月7日水曜日16:15

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞