マツザワがコンテスト受賞 高森町長を訪問

地域の話題

[ 2014年 7月 4日 金曜日 9時36分 ]

 高森町の土産品卸「マツザワ」の菓子「りんご乙女」が、食品や飲料品を専門家らが審査する国際味覚審査機構(iTQi、ベルギー)主催の国際優秀味覚コンテストで三つ星に選ばれ、3日、町役場に熊谷元尋町長を訪ね受賞を報告した。三つ星は6年連続。

 同社の主力商品でもあるりんご乙女は薄焼きのクッキー。すりおろしたリンゴを加えた生地に、スライスしたリンゴをのせて焼いた。香ばしく焼き上がり、リンゴの風味を味わえるのが特徴。飯田下伊那産のリンゴを使い、同社の関連会社で製造する。

 この日、同社開発営業部の部長が受賞を報告し、熊谷町長は「町としても大変うれしく思う。7年連続の受賞を目指してほしい」と述べた。

 開発営業部長は「リンゴがおいしから毎年賞が取れていると思う」と、地元農家らの協力に感謝した。主原料には農業廃棄物として捨てられることが多い「摘果リンゴ」を使い、昨年はJAみなみ信州などを通じて50トンを集荷した。来月末からの集荷を前に、同事業を町内外の農家に広く知ってもらえるよう町の協力を求め、熊谷町長は「普段捨てているものが有効に活用され、農家も喜ぶはず。協力していきたい」と話した。

 国際味覚審査機構は、世界中の味覚的に優れた食品や飲料品の審査、表彰、プロモーションを行う世界有数の独立機構。ヨーロッパで最も権威ある調理師協会や国際ソムリエに所属する一流シェフやソムリエが審査し、三つ星、二つ星、一つ星、星なしの4段階で評価する。審査員は毎年入れ替わるため、6年連続の受賞は難しいとされる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】JAみなみ信州と飯伊地区労農会議がアフリカ・マリへ送る支援米の合同発送式開く

12月6日火曜日16:06

【飯田市】連合長野飯田地域協議会が定期総会 代表ら約100人出席し団結誓う

12月6日火曜日16:58

【飯田市】遠山郷に伝わる湯立て神楽「遠山の霜月祭り」始まる 今年は18日まで8神社で

12月5日月曜日15:58

【飯田市】リニア長野県内駅の周辺整備事業で市が土木工事の実施設計公表 駅前広場の模型を初公開

12月5日月曜日15:32

【飯田市・下伊那】「知事との県民対話集会」飯伊地域2日間の日程終える

12月3日土曜日14:06

【阿智村】昼神温泉郷で冬の風物詩「御湯」が開幕 利用者の無病息災、地域の安寧願い込め

12月3日土曜日14:31

【飯田市・下伊那】飯伊5市町村で「知事との県民対話集会」 首長や住民らと意見を交わす

12月2日金曜日15:16

【飯田市・下伊那】郷土誌「伊那」の3代目原田主幹が退任 伊那史学会と南信州新聞社が引き継ぎ

12月2日金曜日15:31

【阿南町】和合の念仏踊りと新野の盆踊りなどの「風流踊」がユネスコ無形文化遺産登録へ

12月1日木曜日16:21

【阿南町】阿南第二中を小学校と併設型の小中一貫校に 24年4月までの設置を目指す

12月1日木曜日16:18

【喬木村】キャッチボールクラシックで全国大会出場の喬木少年野球クラブが村長を訪問

11月30日水曜日15:12

【飯田市・下伊那】森林を守り、技術を学ぶ 千代の山林で「森集人」がボランティア作業

11月30日水曜日15:17

【阿智村】村の魅力再認識、阿智☆昼神観光局が村内一斉ライトダウンイベント開く

11月29日火曜日15:02

【飯田市】日本一の焼肉のまちの発信拠点「信州飯田焼肉研究所」がオープン

11月29日火曜日15:48

【飯田市】南信州アルプスフォーラムが勉強会 リニア長野県駅開業に向け、明大・佐々木教授が助言

11月28日月曜日16:44




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞