下久堅地区で「ひさかた和紙」流しずき作業

地域の話題

[ 2014年 12月 29日 月曜日 16時45分 ]

 手すき和紙「ひさかた和紙」の伝統を守る飯田市下久堅地区で、ひさかた和紙保存会(平岩宏保会長)の会員が流しずき作業に励んでいる。牧野光朗市長は、ことしもひさかた和紙の年賀状を投函した。

 会員によると、寒い時期に紙をすくのは、つなぎ(のり)の役目を果たすトロロアオイが「寒くないと効かず、寒い方が良い紙がすけるため」。この日は柿野沢の女性(58)が、大判を丁寧にすいた。

 量産される和紙が機械化、輸入依存にシフトする中、保存会は純下久堅産のコウゾとトロロアオイを使い、手作業で作ることにこだわって保存・継承に取り組んでいる。

 埼玉県や岐阜県、島根県に伝わる手すき和紙の技術が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録され、手すき和紙はにわかに脚光を浴びている。

 下久堅の保存会にも、これまで接点がなかった県内などの画家、芸術家から問い合わせが入るようになったが、関係者には浮き足立ったところはなく、冷静に現状と課題をとらえている。

 大判をすいた女性は「今はすける人材が少なく、供給量に限りがある。紙すきだけでなく、材料の栽培も含めて取り組んでくれる人が育ってくれたら」と話し、継承に関わる人の増加に期待する。

 ひさかた和紙は市長の年賀状のほか、市の公文書、下久堅小学校の卒業証書、地区の表彰状、飯田OIDE長姫高校商業科の生徒が開発したランプシェードなどに使われている。

 移転新築した地区公民館のロビーには、近く和紙のオブジェが地区文化の象徴として展示される。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【松川町】阿部守一長野県知事の「しあわせ信州移動知事室」始まる 松川町のシードル醸造所を視察

10月27日水曜日15:17

【高森町】高森南小学校の4年生が町特産の干し柿「市田柿」作りに挑戦

10月27日水曜日15:56

【飯田市】「ランタン&シードルジャンボリー」天龍峡の夜空にスカイランタンが舞う

10月26日火曜日15:24

【喬木村】喬木村で村政懇談会始まる 来月29日まで

10月26日火曜日15:36

【飯田市】南信州龍江アウトドアフェス開催 天龍峡マルシェとともに盛況

10月25日月曜日15:24

【大鹿村】JR東海・リニア中央新幹線建設工事の残土搬出を開始

10月25日月曜日15:26

【長野5区】衆院選・初の週末 両候補が精力的に各地を遊説 支持拡大へ激しい論戦

10月25日月曜日15:51

グリムスパンキーニュース 2021.10.17.

10月24日日曜日18:07

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞