八十二銀行が森林の里親契約を締結、大平峠県民の森保全へ

地域の話題

[ 2010年 2月 12日 金曜日 14時24分 ]

 八十二銀行はこのほど、県の仲介で企業と地域が連携して森林づくりを進める「森林(もり)の里親促進事業」の契約を、飯田市の大平峠県民の森を所有する北方外(ほか)三区財産区と二区財産区(管理者=牧野光朗市長)と締結した。契約期間は4月1日から3年間。森林整備のための支援金を提供するほか、職員による年2回の現地作業を行う。

 北方外三区財産区議会(松澤平議長)は北方と大瀬木、上殿岡、下殿岡、二区財産区議会(平田悦博議長)は三日市場と中村で組織し、契約面積は164・04ヘクタール。八十二側は財産区有林整備のため年20万円程度を提供し、上下伊那と木曽地区の営業店職員らが下草刈り、カラマツと雑木の除伐、間伐、植樹などに汗を流す計画だ。

 調印式は県庁で行われ、飯田市からは北方外財産区議会の松澤議長らが出席。村井仁知事立ち会いのもと、山浦愛幸取締役頭取と契約を結んだ。

 村井知事は、双方の前向きな姿勢を評価。山浦頭取は都合がつけば自ら現地に出向く考えも示した。

 松澤議長は「地球環境がいわれるが、いかに森林を守るかが大事。里親契約については慎重を期してきたが、八十二銀行との契約は全役員の賛成が得られた。市の水がめを大事にしてもらえるのはありがたいこと。活動をともにしながら末永く維持していきたい」と話していた。

 里親促進事業の有効契約件数は昨年11月現在で43件。八十二銀行は今回、長野市の大座法師池の森、上田市菅平の森とも契約を結び、森林整備拠点を県内4カ所とした。

 飯田下伊那の里親契約は、根羽村とアイシングループ5社、飯田市上郷野底山財産区と日本ゴルフツアー機構、阿智村智里西・森林の里親委員会と東洋エクステリアに続いて4例目となる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞