南アルプスジオパークの再認定審査

地域の話題

[ 2016年 11月 2日 水曜日 15時17分 ]

003ジオパークk

 飯田市と大鹿村、伊那市、富士見町にまたがり、地球の営みを学べる貴重な地質や地形が見られる「南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク」について、日本ジオパーク委員会は31、1日の2日間、再認定に向けた現地審査を行った。ジオサイトを地域でどのように保全し、学びなどに活用しているかを中心に審査。結果は12月に公表される。

 南アジオパークは2008年12月に初めて認定された。審査は4年ごとにあり、12年に続く今回は、全国地質調査業協会連合会の成田賢会長ら審査員3人が「板山露頭」(伊那市高遠町)や「御池山隕石クレーター」(飯田市上村)、「埋没林」(同市南信濃)などエリア内のジオサイトを視察。市民ガイドや関係者の取り組みを聞いたり、新設された案内看板を確認したりした。

 1日の飯田市内では、市美術博物館の坂本正夫専門研究員が2~3万年前の氷河期の衝突によるとされる隕石クレーターや過去の大地震に伴う埋没林などを説明。上村地区の「下栗案内人の会」の胡桃澤三郎会長が、下栗の里のビューポイントを通常のガイド時と同じく往復40分掛けて案内した。

 南信濃の温泉施設「かぐらの湯」で委員らは、ジオパークを生かした住民主体の取り組みを中心に把握した。遠山郷観光協会の近藤力夫会長は「チャレンジマラニック」などのイベントを通じて、ジオパークの魅力の発信に努める現状を説明。隆起した山々や深い渓谷を望める景観も強調し、今後も観光振興に生かしたい考えを伝えた。

 市環境課によると、前回審査以降、市内では、市美術博物館を中心にジオパーク関連の案内板の設置にも力を入れており、昨年は上村、南信濃の両地区それぞれに大型の全域案内板を設けた。引き続きジオポイントごとの整備・更新を進めるという。

 再認定の可否は12月に都内で開く委員会で決まる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

グリムスパンキーニュース 2021.10.17.

10月24日日曜日18:07

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞