史実語り継ぎ平和の種まく「鎮魂の夕べ」

地域の話題

[ 2021年 8月 10日 火曜日 15時18分 ]

 阿智村駒場の満蒙開拓平和記念館は9日、旧満州(中国東北部)の犠牲者を追悼する「鎮魂の夕べ」を開いた。松川高校ボランティア部の生徒や元開拓団員2人を含む約30人が参列。歴史を語り継ぎ、平和を守っていくことをあらためて誓った。

 8月9日は、1945年に旧ソ連軍が満州に侵攻した日で、今年はちょうど鎮魂の夕べと日が重なった。新型コロナウイルス感染防止対策として規模を縮小して開催し、台風による天候の悪化を考慮して屋内のセミナールームで開いた。

 参加者は、満州がある北西の方角を向いて黙祷し、スクリーンに映し出された「鎮魂の碑」に一人ずつ献花した。

 同館の寺沢秀文館長は東京五輪に触れて「大きな戦争のない平和な今だからこそ五輪が開ける」と平和の尊さを強調。「コロナ禍で館の運営も厳しさを増してはいるが、平和学習の拠点としての位置づけは高まっている。『平和への種まき』の拠点として館を守り、満蒙開拓の史実を語り継いでいく」と力を込めた。

 松川高校ボランティア部は千羽鶴を奉献し、部長(17)ら代表者3人が「誓いの言葉」を発表した。「展示ガイドの学習の中で国策に翻弄された人々の想いなどを学び、歴史を伝えていく重みと責任を感じた」とし、「平成生まれの自分たちが歴史を令和、そして後世に伝えていく」と誓った。

 元開拓団員の北村栄美さん(87)は家族と離れ離れになったことを語り、「戦争がないことが何よりの頼み。平和について真剣に考えなければならない」と力を込め、原千代さん(同)は「ただ戦争をやってはいけないではなく、どうやったら平和を守れるかを考えて行動してほしい」と願った。

◎写真説明:献花する参加者

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04

【阿智村】治部坂高原でキバナコスモスが見頃 100万本の花がゲレンデをオレンジ色に彩る

8月9日火曜日15:21

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56

【飯田市】飯田風越高校の生徒有志が投票率向上へ呼び掛け 「飯田下伊那100計画」復活めざす

8月4日木曜日15:38

【飯田市】地元ミュージシャンやバンド出演の屋外音楽イベント「並木横丁GO GO MUSIC FESTIVAL」6日に開催へ

8月3日水曜日16:10

【泰阜村】任期満了に伴う泰阜村長選 現職の横前明氏が無投票再選

8月3日水曜日15:59

【泰阜村】村長選が告示、現職横前氏が立候補を届け出 無投票再選となる見通し

8月2日火曜日15:19

【松川町】交流センターみらいにイラストレーターの326さんがデザインしたカーテンを設置

8月2日火曜日15:26

【飯田市】飯田商工会議所下久堅支部の「コロナに負けるな!応援花火」 地域の元気と新型コロナの収束願い

8月1日月曜日15:20

【松川町】「火事が発生しないよう呼び掛けたい」松川町少年少女消防クラブの結成式

8月1日月曜日15:32

【泰阜村】村長選告示まであと3日、出馬表明は現職横前氏のみ 村議補選は新人1人が立候補

7月30日土曜日13:38




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞