土砂崩落箇所をヘリで確認

地域の話題

[ 2020年 8月 8日 土曜日 13時54分 ]

 国土交通省天竜川上流河川事務所と県飯田建設事務所は5日、7月の大雨により大規模な土砂崩落が発生した天龍村足瀬地区をヘリコプターで上空から視察し、被害状況の全容を把握した。土砂で埋まり通行不能になっている国道418号を管理する飯田建事所の細川容宏所長は「被害の全体像を把握できた。調査を進め、早期復旧に努める」と述べた。

 同所では7月12日、高さ290メートル、幅50メートルに渡ってのり面が崩れ、約2万立方メートルの土砂が国道418号や早木戸川、近くの建設会社資材置き場などに流入した。その後も続いた雨により、崩落範囲がさらに拡大。ドローンによる撮影では、国道と尾根の反対側斜面でも大規模な崩落が確認されていた。

 飯田建事所では、天候の回復を受けて被災箇所に接近した調査を開始。まずは目視での状況確認を進めており、今後、測量調査などを経て対策工の検討、設計へと入る。

 細川所長は「ドローンを使い上空からも被災状況を確認していたが、あらためて被害の全体像を把握することができた。安全を確保しながら調査を進め、できる限り早期に復旧できるよう努める」。ヘリに同乗した永嶺誠一村長は「地上からは見ることのできないひどく荒れた状況に、被害の大きさを痛感した。復旧への道のりの険しさも感じたが、国道418号の早期復旧に向け、県や国への要望を続けていきたい」と力を込めた。

◎写真説明:上空から撮影した天龍村の土砂崩落箇所(天龍村提供)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】3店が共同開発した冷凍折り詰めの全国販売開始「伊那谷の良さを伝えられたら」

10月23日土曜日13:13

【喬木村】曙月庵で阿島傘の展示始まる 茶室を彩る和傘ずらり ライトアップも

10月23日土曜日13:40

【飯田市・下伊那】三遠南信自動車道「飯喬道路第3工区」で初のトンネル掘削工事開始

10月22日金曜日16:20

【飯田市】松尾小4年2組がシトラスリボン作成「コロナ差別をなくそう」

10月22日金曜日15:11

【リニア中央新幹線】JR東海が安全対策をリニア対策委員会で報告 月内は試験走行期間

10月21日木曜日15:53

【飯田市】橋北まちづくり委が春草通りに案内図設置 菱田春草生誕地ほか歴史的建造物の位置を明示

10月21日木曜日15:22

【北部3町村】竜神大橋の建設期成同盟会が総会開く 早期完成を強く要望

10月20日水曜日16:43

【リニア中央新幹線】飯田市が座光寺の共和地区を巡り工事説明会 代替地は来月着工

10月20日水曜日15:51

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞