天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

地域の話題

[ 2018年 9月 25日 火曜日 15時03分 ]

天龍中生徒も参列して献花した慰霊法要

 戦時中、天龍村の平岡ダム建設の強制労働で亡くなった中国人の霊を慰める「在日中国人殉難烈士平岡慰霊法要」が22日、ダム近くの慰霊碑前で営まれた。飯田下伊那各市町村の首長や日中友好に取り組む関係者ら約100人が参列し、御霊に追悼の意を表するとともに「恒久平和実現のため不断の努力を重ねる」と誓った。

 慰霊法要は天龍村と飯伊市町村、飯田日中友好協会が実行委員会を立ち上げ、石碑が建てられた1964年から、5年に1度開いている。今回は日中平和友好条約締結40周年を記念し、中国大使館から潘林(はんりん)二等書記官(37)も参列した。

 潘書記官は「慰霊行事を続けることは容易なことではない。中国大使館として高く評し、感謝の意を申し上げたい」とあいさつ。李克強(りこくきょう)総理が来日した5月の日中首脳会談を振り返り「民間レベルでも各分野における交流と協力が活発に行われ、関係発展のチャンスを迎えている」とした上で、「節目の年に歴史の悲劇を繰り返さず、平和を守り、よりよい未来を切り開く新たなスターになることを願っている」と述べた。

 法要は石碑前の祭壇で営まれ、参列者全員で黙とうを捧げた後、読経にあわせて一人ずつ焼香した。平和学習の一環として、今回初めて天龍中学校の生徒4人も参列し、献花した。1年生の男子生徒(12)は「今まで詳しく知らなかった。ダムを造ってくれた人たちに感謝したい」と話した。

 実行委員長の永嶺誠一天龍村長は「ダムの恩恵に浴す村民にとって、永遠に忘れられない痛み。不幸な歴史を再び繰り返すことのないよう、より一層日中両国の平和友好に努力したい」と述べ、静かに手を合わせた。

 1940~51年に建設された平岡ダムでは、太平洋戦争末期、国内の労働力不足から中国人880人余が強制的に労働させられ、飢えや病気、不慮の事故などにより、わずか1年余りの間に62人もの尊い命が失われた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【大鹿村】文化財防火デーに合わせ消防署員が立ち入り検査「も改めて防災意識を持ってほしい」

1月27日木曜日15:41

【喬木村】村長選3選を果たした市瀬直史氏が初登庁「次世代への土台をつくる4年間に」

1月27日木曜日15:14

【喬木村】氏乗の禍誤除けの滝の氷結進む 落差約30メートルの氷瀑

1月26日水曜日15:31

【飯田市】南信州地域初、市民出資型小水力発電所の安全祈願祭と起工式開く

1月26日水曜日15:24

【阿智村】村長選が告示され24年ぶりの選挙戦へ 現新2人の「一騎打ち」

1月25日火曜日15:45

【売木村】売木小学校児童が「田んぼリンク」でスケート楽しむ「まだまだ滑りたい!」

1月25日火曜日15:19

【飯田市】東野大獅子保存会がお練りまつりに向け準備 獅子舞の屋台部分などに使う竹の加工作業

1月24日月曜日16:10

【平谷村】ほっとパークひらや郷でアイスキャンドル 親子連れらが幻想的な明かり楽しむ

1月24日月曜日16:34

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞