天龍村ブッポウソウのカメラ中継

地域の話題

[ 2012年 5月 29日 火曜日 10時42分 ]

 国の天然記念物のブッポウソウを村鳥に指定している天龍村で、ことしも営巣活動が始まった。村は昨年に続いて役場の巣箱にビデオカメラを設置し、庁舎内のモニターで中継。24日から産卵が始まり、来庁者たちを感激させている。

 渡り鳥のブッポウソウは絶滅危惧(きぐ)種。村は各地に巣箱を設置し、住民を挙げて保護活動を展開している。

 カメラによる営巣観察は昨年に続き2営巣期目。渡来前に役場の巣箱に小型カメラを取り付け、庁舎内のモニターで観察できるようにしている。

 ことしは8日に番(つがい)が入り、24日の夕方から産卵を開始。28日正午までに2個の卵が確認されている。

 昨年は6月4日にかけて4個が産卵されたため、村は「抱卵も始まっていないため、さらに卵を産む可能性が高い」と見ている。

 「村鳥の繁殖活動を幅広い村民や遠方から訪れる愛鳥家の皆さんに見てもらい、保護活動への意識を高めてほしい」(永嶺誠一副村長)と、昨年から中継と同時に録画も進めている。希少な鳥で詳しい生態が分かっていないため、給餌回数や内容を把握する貴重な研究資料としても期待が寄せられている。

 ブッポウソウは、夏鳥としてユーラシア大陸から渡る。ハトより少し小さく、青緑色の長くてしなやかな翼が特徴で、飛翔昆虫類を空中で捕食するため、高木や高い橋脚がある場所を好む。

 県内では飯田下伊那地域や北信の一部など、限られた地域でしか姿を見ることができず、レッドデータブックに登録されている。

 昨年は6月上旬から抱卵を始め、同24、25日に4羽の孵化(ふか)を確認。7月18、19日にすべてのひなが巣立っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市】東野大獅子保存会がお練りまつりに向け準備 獅子舞の屋台部分などに使う竹の加工作業

1月24日月曜日16:10

【平谷村】ほっとパークひらや郷でアイスキャンドル 親子連れらが幻想的な明かり楽しむ

1月24日月曜日16:34

グリムスパンキー ニュース 2022.01.23.

1月23日日曜日17:41

【飯田市・下伊那】各地の最低気温が今冬最低を観測 高森町牛牧の不動滝は全面結氷に

1月22日土曜日13:31

【阿智村】任期満了に伴う阿智村長選25日に告示へ 24年ぶりの選挙戦

1月22日土曜日13:41

【飯田市】新型コロナウイルスワクチンの3回目接種 65歳以上の高齢者対象に来月開始へ

1月21日金曜日15:41

【天龍村】神原地区で早咲きの梅「冬至梅」ほころぶ 気温上がらず例年より遅く

1月21日金曜日15:54

【飯田市・下伊那】冬場に多発 広域消防がヒートショックの注意呼び掛け

1月20日木曜日15:59

【飯田市】リニア中央新幹線の建設工事 下久堅で残土の盛り土造成準備工事進む

1月20日木曜日15:07

【喬木村】喬木村議再選挙18日告示 新人の松村光洋氏が初当選

1月19日水曜日15:43

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が無投票3選決める

1月19日水曜日15:35

【大鹿村】リニア中央新幹線・南アルプストンネル長野工区先進坑 残土や資機材を運搬する工事用車両の通行始まる

1月18日火曜日15:01

【喬木村】任期満了に伴う喬木村長選が18日告示 市瀬直史氏が届け出と出陣式

1月18日火曜日15:47

【飯田市】市街地飲食店の新型コロナウイルスによる影響「今が一番苦しい」

1月17日月曜日15:30

【高森町】町発祥の市田柿を学校給食に提供「おいしく食べて、親しんで」

1月17日月曜日15:13




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




三遠南信biz

南信州企業ナビ

南信州飯田観光ガイド2021

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞