嵯峨坂ザゼンソウ見頃

地域の話題

[ 2020年 3月 9日 月曜日 16時04分 ]

 飯田市下久堅虎岩嵯峨坂の自生地でザゼンソウ(座禅草)が見頃を迎えており、連日見物客が訪れている。8日には「虎岩の文化財を保護する会」(池田健一会長)が現地で見学会を開いた。

 飯田下伊那地域では数少ない自生地を「多くの人に知ってもらいたい」と願い、2017年から毎年この時期に見学会を開いている。今年も守る会のメンバーらが案内役を務め、ザゼンソウの生態や整備をする上での苦労などを紹介した。

 この日は朝から雨が降り続く中、地元住民や写真愛好家らが来場。遊歩道沿いに顔を出した濃い赤紫色のザゼンソウや周囲の自然を観察したり、写真に収めたりしていた。

 同市松尾毛賀の小学校教諭、村松亮彦さん(56)さんは「下久堅の自生地には初めて来たが、これだけ多くのザゼンソウが生えているのを見たことはなかった」と話していた。

 ザゼンソウはサトイモ科の多年草で、花のように見える赤紫色の仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれた姿が、僧侶が座禅を組む姿に似ていることからこう呼ばれている。雪解けを待つ他の植物との競争を避けるため、約20度ほどに発熱して周囲の雪をとかし、芽を出すという。
 同会によると、嵯峨坂では暖冬の影響もあり、昨年より10日早く先月11日に開花。3月末ごろまでが見頃という。池田会長は「嵯峨坂にはザゼンソウのほかにもさまざまな植物が自生している。いつでも足を運んでもらえれば」と話していた。
 嵯峨坂の自生地は標高634メートル。500株以上が自生しているとして、1995年に市の天然記念物に指定された。同会は2015年から駐車場や遊歩道の整備などに取り組んでいる。

◎写真説明:ザゼンソウをカメラに収める見学者

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56

【飯田市】飯田風越高校の生徒有志が投票率向上へ呼び掛け 「飯田下伊那100計画」復活めざす

8月4日木曜日15:38

【飯田市】地元ミュージシャンやバンド出演の屋外音楽イベント「並木横丁GO GO MUSIC FESTIVAL」6日に開催へ

8月3日水曜日16:10

【泰阜村】任期満了に伴う泰阜村長選 現職の横前明氏が無投票再選

8月3日水曜日15:59

【泰阜村】村長選が告示、現職横前氏が立候補を届け出 無投票再選となる見通し

8月2日火曜日15:19

【松川町】交流センターみらいにイラストレーターの326さんがデザインしたカーテンを設置

8月2日火曜日15:26

【飯田市】飯田商工会議所下久堅支部の「コロナに負けるな!応援花火」 地域の元気と新型コロナの収束願い

8月1日月曜日15:20

【松川町】「火事が発生しないよう呼び掛けたい」松川町少年少女消防クラブの結成式

8月1日月曜日15:32

【泰阜村】村長選告示まであと3日、出馬表明は現職横前氏のみ 村議補選は新人1人が立候補

7月30日土曜日13:38

【飯田市】地域通貨導入へ実証実験 QRコード決済、プレミアム率20%「電子商品券」

7月30日土曜日13:21

【豊丘村】ウクライナ人女性4人、とよおかマルシェでボルシチとピロシキのキッチンカー販売

7月29日金曜日16:30




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022春夏

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞