飯田市街地で「丘の上さんぽ」事業展開へ

地域の話題

[ 2015年 10月 24日 土曜日 8時15分 ]

 飯田市中心市街地活性化協会は11月1日から30日の期間、市街地(通称・丘の上)の協力店で買物や食事をした人たちに、「りんご並木」にちなんだオリジナルシールを配る「秋ぶらり 丘の上さんぽ」事業を展開する。シールは、いいだ人形劇フェスタのキャラクター「ぽぉ」や並木の見所などをイラスト化した全8種類で、来店ごと1枚を配布。専用台紙に貼っていくと「りんご並木図鑑」になる。街中のにぎわい創出が狙いで、同協会は「図鑑を持って、並木巡りも楽しんで」と期待している。

 同協会事務局の市商業・市街地活性課によると、前年度に13万人が来場した市立動物園(扇町)の人気にも着目し、多くの人たちに近くの並木など市街地一帯を周遊してもらおうと企画。3月に「動物シール」(全24種類)で実施した「春うらら 丘の上さんぽ」の継続事業として試みる。

 シールは3センチ四方で、りんご並木の妖精でもある「ぽぉ」をデザインした女性の描き下ろし。並木にある「初代の木」や「夢と希望の像」、「三連蔵」などを、「ぽぉ」や相棒犬の「プッチー」が巡る様子が描かれている。

 A5判の台紙には、1953(昭和28)年に誕生した並木の特色やシールの題材を解説。文章は並木を管理する飯田東中学校の生徒たちが作成し「並木は私たちに大切なことを教えてくれる存在」と紹介している。専用台紙は参加協力の87店で入手できる。

 全8種類を集めて図鑑を完成させると、りんご並木の「エコハウス」で、ぽぉの「塗り絵」(2種類)がもらえる。塗り絵を仕上げて持参すれば、12月7日~23日にエコハウスで展示する。

 同課は「市街地へ何回も足を運んでもらえるよう工夫した。飯田のシンボルであるりんご並木の魅力を深く知ってもらえる機会になればうれしい」としている。

 春に始めた「動物シール」も市立動物園で配布中で、市内の対象駐車場の駐車券を提示するともらえる。

 問い合わせは市商業・市街地活性課(電話0265・52・1715)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

【飯田市・下伊那】衆院選が公示、5区は与野党一騎打ち 12日間の短期決戦スタート

10月19日火曜日15:51

【飯田市】長編映画撮影の無償ボランティア募集

10月19日火曜日15:12

【大鹿村】大鹿歌舞伎秋季公演をライブ配信 静かな会場でこん身の演技

10月18日月曜日15:19

【飯田市・下伊那】南信州獅子舞フェスティバルが2年ぶり開催 14団体が勇壮に伝統舞

10月18日月曜日15:41

【飯田市】飯田風越高校で創立120周年記念式典開く

10月16日土曜日14:05

【高森町】高森中3年生が園児に自作の紙芝居を読み聞かせ「すごく喜んでくれた」

10月16日土曜日14:24

【天龍村】国道418号神原トンネル現場見学会に児童らが参加「勉強になった」

10月15日金曜日16:27

【大鹿村】大鹿歌舞伎題材のご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が道の駅に設置

10月15日金曜日15:04

【長野5区】衆議院解散で総選挙に突入 19日公示、31日投開票

10月14日木曜日15:27

【喬木村】現職・市瀬直史氏が村長選出馬を表明

10月14日木曜日15:18

【豊丘村】地元の味と香りを堪能 小中学校でまつたけ給食

10月13日水曜日15:48

【飯田市】佐藤健飯田市長 就任1年目の市政経営を振り返る

10月13日水曜日15:59

【飯田市・下伊那】緊急事態宣言解除で体験型教育旅行の受け入れが本格化

10月12日火曜日15:45

【天龍村】天龍村の村指定無形民俗文化財「満島神社の秋祭り」開催

10月12日火曜日15:03

【売木村】200キロを走るウルトラマラソン大会を初開催 累計標高差4000メートル超の山岳コースに挑む

10月9日土曜日14:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞