待ってましたブッポウソウ 天龍村役場の巣箱 職員もホッと一安心

地域の話題

[ 2018年 5月 17日 木曜日 15時11分 ]

役場庁舎屋上の巣箱に入ったブッポウソウ(17日)

 天龍村の役場庁舎屋上に設置した巣箱に17日、村鳥のブッポウソウがようやく入った。村内では4月下旬に飛び回る姿が確認されていたものの、なぜか役場付近には飛来していなかった。ここ数日は職員の間でも「営巣しないのでは」とあきらめムードが漂っていただけに、ホっと胸をなでおろし、営巣を見守っている。

 今年は昨年よりも1日遅い4月30日に鶯巣地区で確認したが、その後庁舎付近への飛来は確認できない日が続いていた。今月11日にようやく役場へも飛来し、職員や村民の期待は高まっていた。

 天龍村でブッポウソウにGPSを取り付け、飛来ルートを研究している山階鳥類研究所=千葉県=研究員の仲村昇さん(45)によると、例年営巣するつがいの2個体が何らかの原因で同時に戻ってこられなくなったり、新たな個体は巣箱の存在を確認していても優先順位があるため、入るのは遅くなる可能性があるという。

 仲村さんは「時間はまだ十分あり、産卵、繁殖する可能性は高いと思う」と話している。

 昨年は5月12日に巣箱に入ったことを内部に設置してあるカメラで確認、16日から産卵を開始した。6月10日からふ化が始まり、7月5日に5羽すべてが巣立った。

 ブッポウソウは夏鳥としてユーラシア大陸から渡る。ハトより少し小さく、青緑色の美しい色彩と長くてしなやかな翼が特徴。ひながかえると親鳥がえさを頻繁に運び始めるため、多くのアマチュアカメラマンが役場周辺に訪れる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【高森町】まちづくりプラン達成度の評価会議を一般公開 内部と外部2つの視点で分析

8月18日木曜日15:39

【泰阜村】ウクライナ支援「平和の種プロジェクト」で配布されたヒマワリが見ごろ

8月18日木曜日15:10

【天龍村】向方地区の「かけ踊り」が16年ぶりに復活 懐かしい光景に感慨ひとしお

8月17日水曜日15:35

【泰阜村】村長選で再選を果たした横前明氏が初登庁 2期目も子育て支援柱に掲げる

8月17日水曜日15:51

【阿南町】「新野の盆踊り」3年ぶり開催 商店街に盆唄響く

8月15日月曜日13:27

【阿南町】「和合の念仏踊り」始まる 掛け声とともに激しく飛び跳ねる

8月15日月曜日13:36

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04




南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞