東北被災地に思い寄せ

地域の話題

[ 2021年 3月 12日 金曜日 17時53分 ]

 松川高校ボランティア部などによる3・11追悼セレモニーが、東日本大震災から10年目を迎えた11日、松川町上片桐の子どもカフェHugであった。同部の生徒や住民ら50人ほどが集まり、多くの犠牲者を出した震災や直後から続く支援交流活動を振り返り、いまなお困難を抱える被災者に思いを寄せた。

 セレモニーで部員らは「10年の月日が流れたが、変わらずに被災地の方に寄り添い続け、活動を後輩たちへ引き継いでいきたい」と思いを伝えた。犠牲者に1分間の黙祷を捧げ、支援交流活動に参加した町職員や住民を交えて語り合った。

 松川高校生と町民らは町内のリンゴを被災地へ送る活動、避難所のペチュニアの花を育てて東北に里帰りする活動、町役場とともに被災地を訪問して震災当時の状況や防災を学ぶ活動などを行ってきた。

 集まった子どもたちとともにメッセージをつけたバルーンを飛ばし、最後に復興支援ソング「花は咲く」や「ふるさと」を歌った。

 10年前に福島県南相馬市から松川町に避難し、現在は町役場で危機管理係を務める原涼太さん(24)は「10年も支援を続けてもらっていることに被災者の一人として感謝している。3月11日に震災を思い出し、防災を考える日にしてもらえたら」と語った。

 町公民館の山崎隆館長は「高校生が地域の皆と一緒に活動してくれたことをありがたく思う。これからも続けてほしい」とエールを送った。

 同部前部長の大平一真さん(18)は「先輩方から脈々と受け継いできた活動。地域の方の協力で続けられてこられた。我々3年生は次の道に進むが自分たちの中で活動を続けたい」と話した。

◎写真説明:メッセージバルーンを飛ばす参加者

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

Sponsored Link

     

最近の記事

【飯田市】飯田女子短期大学で防災講座 体験通じて災害時に生きる術を学ぶ

8月13日土曜日13:52

【飯田市】下伊那農業高校畜産部が明大生と移動式鶏小屋を共同開発「地域と鶏、環境に優しい鶏小屋」

8月13日土曜日13:39

【飯田市】カップめん、ガム、アイスクリーム…昭和の懐かしい自動販売機の数々が展示

8月12日金曜日16:14

【阿智村】満蒙開拓平和記念館「鎮魂の夕べ」で犠牲者追悼 明日の平和へ史実語り継ぐ

8月12日金曜日16:03

【飯田市・下伊那】7高校の図書委員が交流会 他校の活動から新たな取り組みのヒントを探る

8月11日木曜日13:14

【リニア中央新幹線】JR東海が「要対策土」公共事業でも管理の意向 積極的に候補地を探す姿勢示す

8月11日木曜日13:37

【高森町】丸山公園平和の丘で「平和をつなぐつどい」 被爆アオギリ「2世」前に平和への思い強める

8月10日水曜日15:31

【飯田市・下伊那】JAみなみ信州が農作物盗難被害防止のパトロール開始 警察署や市町村とも連携

8月10日水曜日15:13

【長野県知事選】阿部氏が4選「県民の思いに寄り添う」 投票率は過去最低の40.94%

8月9日火曜日15:04

【阿智村】治部坂高原でキバナコスモスが見頃 100万本の花がゲレンデをオレンジ色に彩る

8月9日火曜日15:21

【高森町】廃棄処分の柿の皮を有効活用 松本大学・民間企業・高森町が連携し「市田柿皮ピューレ」開発

8月6日土曜日13:21

【喬木村】阿島里原地区で200本余りのヒマワリが見頃 「平和の種プロジェクト」で地区住民が協力して栽培

8月6日土曜日13:17

【飯田市・下伊那】「帰省ついでに会社見学」0円バスの運行が始まりスポンサー企業を学生らが見学

8月5日金曜日16:05

【長野県】長野県知事選挙7日に投開票 阿部県政12年の是非判断

8月5日金曜日16:53

【飯田市】飯田女子短期大学生が下久堅の伝統文化「ひさかた和紙」の新商品を開発

8月4日木曜日15:56




夏のDiji田甲子園

南信州新聞の購読はこちら

記事の検索はこちらから




印刷について

出版物について

工場見学について

公式Twitter

公式フェイスブック

RSS




南信州飯田観光ガイド2022秋冬

三遠南信biz

南信州企業ナビ

グリムスパンキーニュース

南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞